スポーツ

「イチロー、国民栄誉賞受賞を辞退 「人生の幕下ろした時に」」

更新日:

先日プロ野球選手のイチロー選手が引退しましたね~。驚きましたねえ。

そして国民栄誉賞を辞退したそうです!一体何があったのでしょうか~。

今日はイチロー選手のプロフィールと合わせて国民栄誉賞辞退についてまとめてみました。

どうぞ最後まで楽しんでお付き合いくださいね~。

 

 

ではまずチロー選手のプロフィールからみてくことにしましょう~、どうぞ!ヾ(´▽`*;)"

イチロー選手のプロフィール

イチロー(いちろー)  本名:鈴木一朗(すずき いちろう)

出身地:愛知県西春日井郡豊山町

生年月日:19731022

身長:180.3 cm

体重:79.4 kg

職業:元プロ野球選手

投球・打席:右投左打

ポジション:外野手

イチロー選手は、愛知県の出身で子供の頃から地元少年野球チームで活躍していました。^^

ちなみにイチローという名前ですが、次男坊なんですよ~。(*`▽´*) ウケケケッ 

愛工大名電時代には甲子園に2度出場し、1991年にドラフト4位でオリックスに入団しています。

イチロー選手4位指名なんて今だと考えられませんよね~。(´ω`*)ネー 

その後オリックスに2000年まで在籍し、7度の首位打者、日本プロ野球歴代2位のシーズン打率.387等の数々の記録を残して、メジャーリーグに挑戦しました。

メジャー1年目にはMVPと新人王のダブル受賞で、全米でも注目される選手になりました。

メジャーではマリナーズからヤンキース、マーリンズ、そして、またマリナーズとアメリカで4球団を渡り歩きましたね。

その間ワールド・ベースボール・クラシックでは、2006年、2009年と日本代表として世界一に貢献、イチロー選手のリーダーシップにも大きな注目が集まりました~。

o(^-^)o 

 

 

メジャーリーグでは、シーズン最多安打記録の262安打を記録、歴代22位となる通算3089安打、日米通算4257安打でギネス世界記録にも認定され、将来の野球殿堂入りが確実視されているスーパースター、それがイチローさんです!まさに日本の誇り、日本人でイチロー選手を知らない人は恐らくいませんよね~。(´ェ`*)ネー

 

 引退

そんなイチロー選手が、引退を発表したのは421日のことでした。

2018年に古巣マリナーズに戻っていたイチロー選手ですが、2018年度シーズンは調整不足と怪我の影響で15試合の出場で9安打に留まり、マリナーズとスペシャルアシスタントアドバイザー(会長付特別補佐)の契約を結び、このシーズンは試合に出場しないことを発表していました。

このことからイチロー選手はこのまま引退し、監督・コーチ陣等の指導者側に回るという憶測もありました。

しかし。2019年シーズンにマリナーズと再びマイナー契約を結び、そして3月にメジャー契約に切り替わり、来日して東京ドームでのアスレチックスとの試合に出場しましたー。o(^-^)o 

連日イチロー選手をみようと多くのファンが東京ドームに集まりましたが、イチロー選手はとうとう日本のファンの前でヒットを打つことはできませんでした。(´_`。)グスン 

こんなにもがき苦しむイチロー選手の姿は初めてみましたねえ。

最終打席8回もショートゴロに終わり、この日421日に引退を発表しました~。

テレビではニュース速報がテロップで出て、夜のニュースもイチロー選手の引退速報、会見一色でしたねえ~。

 

観客に最後まで手を振るイチロー選手の姿が印象的でした。

現役生活に思い残したことがあるか?と尋ねられると

「あろうはずがない。積み重ねることでしか、後悔を生まないとういことはありえない」と答えていました。いかに厳しい環境でイチロー選手が野球をやってきたかわかりますね~。また「人望がないから監督はない」とも話していました。WBCでのリーダーシップを見るに将来監督をやって欲しいと思うんですけどね~。(´ェ`*)ネー

 

 

国民栄誉賞受賞を辞退 「人生の幕下ろした時に」

世界で活躍したイチロー選手に対して日本政府は国民栄誉賞を授与する方向で調整していました~。

イチロー選手くらいの功績があれば当然のことかもしれません。^ω^

 

国民栄誉賞とは・・・日本の内閣総理大臣表彰の1つで、「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」と規定されています。

国民栄誉賞と言ってはいますが、日本国籍の有無は要件になっていません。

一番初めに受賞した王貞治さんも日本国籍は有していませんからねえ。

 

これまで国民栄誉賞を受賞したのは26個人と1団体です。1団体というのは2011 FIFA

女子ワールドカップ日本女子代表の選手たちで、その他はすべて個人です。

1番直近の受賞者は201872日のフィギュアスケートの羽生結弦選手、野球選手として直近では、201355日に松井秀喜さんと長嶋茂雄さんが一緒に受賞しています。o(^-^)o 

その前には王さんと衣笠さんが受賞していますので、イチロー選手は、受賞していれば球界からは5人目の受賞となる所でした~。

 

 

 

 

 

しかし!イチロー選手は、国民栄誉賞を辞退したのです!(ー△ー;)エッ、マジ?!!!

 

 

イチロー選手はこれまでも2度国民栄誉賞を辞退しています。

初めてイチロー選手への国民栄誉賞の打診があったのは、メジャー1年目に新人賞とMVPを受賞した2000年のことでした。

この時イチロー選手は「まだ若いので」と受賞を辞退しています。Σ(・ω・ノ)!

 

2回目の打診があったのは2004年のこと。

シーズン最多安打のメジャー記録を打ち立てたイチロー選手でしたがこの時は、

「プレーを続けている間はもらう立場にない。野球生活を終えた時に、もし頂けるのであれば大変ありがたい」

と辞退していました。†ヽ(゚ロ゚;)キェーッ!

 

引退し、選手として野球の第一線から退いた今回は3回目の国民栄誉賞の打診でした。

 

菅義偉官房長官は、記者会見の席で

「多くの子供や野球ファンに夢と希望を与え続けてきたスーパースター。

これまでの活躍は素晴らしいものであり、国民にそういう声があることは十分認識している」

と話し、授与に前向きでした~。o(^-^)o

 

前回、「野球生活を終えた時に、もし頂けるのであれば大変ありがたい」と話していたので

今度は受賞するのではないかとみられていましたがなんと今回も辞退しました・・・ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/イヤァ~ 

理由は明らかにされていませんが、イチローさん

 

「人生の幕を下ろした時に頂けるよう励みます」

 

と政府筋に伝えていたといいます。

なんとも偏屈なイチロー選手らしい言葉ですが、実質イチロー選手自身はもう国民栄誉賞など必要ないという感じです。

 

国民栄誉賞は、時の政権下において大きなアピールにもなり「政治利用だ」と言われることもたびたびあります。

夏の参院選に向けて、現政権の好感度を上げる目的もあったかもしれませんが、イチロー選手令和元年の受賞第1号とはなりませんでした~。

 

イチロー選手の今回の言葉から、イチロー選手が存命のうちの受賞はなさそうですし、本人も望んでいない感じですので、死後も授与しないかもしれません・・・

 

ちなみにイチロー選手の他にプロ野球選手としては福本豊さんが受賞を辞退しています。

しかし福本さんは、国民栄誉賞は辞退していますが、大阪府知事賞詞は受賞しています。Ψ( ̄∀ ̄)Ψケケケ 

イチロー選手も別の賞の受賞はあるかもしれませんよ~。

何にしてもイチロー選手の素晴らしい功績が変わるわけではありません。本当に偉大な選手でしたね!(゜ー゜*)ネッ!

 

いかがでしたか。今日はイチロー選手についてまとめさせて頂きました。

 

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました~。(*・∀-)

 

 

 

 

 

-スポーツ

Copyright© ネタネタキャッチ★ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.