歌手 話題のニュース

三浦大知の現在!上皇上皇后両陛下の前での歌唱もすごい

更新日:

先日天皇陛下(現在の上皇上皇后両陛下)御在位30年記念式典で、歌を熱唱した三浦大知さん、見事に大役を果たしました~。

そんな三浦さんは最近どんな活動をしているのでしょうか。

そこで今日は三浦大知さんの現在!両陛下の前で歌唱するのは凄いについてまとめてみました。最後まで楽しんでお付き合いくださいね~。ではまず三浦さんのプロフィールからみていきましょう~。どうぞ~。ヾ(´▽`*;)ゝ"

 

三浦大知さんのプロフィール


三浦大知(みうら だいち)

生年月日:1987年8月24日

出身地:沖縄県

職業:歌手、ダンサー、振付師、

レーベル:SONIC GROOVE

事務所:ライジングプロダクション


三浦さんは沖縄出身で、6歳頃からダンススクールに通い、歌の勉強もし始めました。

アニメや戦隊モノの主題歌に合わせて歌っている姿をみてお母さんがスクールに通わせたようですので、小さな頃から歌って踊るのが本当に大好きな子供だったんでしょうね~。(´ェ`*)ネー

音楽を始めたきっかけはマイケルジャクソンだったそうですよ~。^^

 

1997年に沖縄アクターズスクール出身の男女混成による小中学生7名による歌手グループであるFolderのメンバーとして芸能活動を開始、9歳にしてメインボーカルとなり、シングル「パラシューター」をリリースしました~。^^

当時の芸名はDAICHI、グループは「ポンキッキーズ」とタイアップして、同じ事務所の先輩安室ちゃんの後継としてメンバーが交代で番組出演していましたねえ。o(^-^)o

デビューすると和製ジャクソン5のごとく、三浦さんのハイトーンボイスとダンスで人気を博し、シングル「パラシューター」は10万枚を超える売り上げを記録しました。⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!

三浦さんがグループに在籍していた当時の売上トータルは60万枚にも上り、10代の芸能人としては異例の成功をおさめています。

その後、変声期には音楽活動を一時的に控えていましたが、2005年3月30日にシングル「Keep It Goin' On」でソロデビューを果たしています。

歌って踊れるシンガーとして人気を獲得、現在は曲によっては、作詞、作曲に加えてダンスの振り付け等も行っています。^^

三浦大知さんの現在!

 

三浦さんは、国立代々木競技場第一体育館、武道館、横浜アリーナといった大型会場でもライブを行っており、現在ではチケットは軒並み完売するほどの人気を誇っています。^^

そんな人気を裏打ちするように紅白歌合戦にも2017年、2108年と連続で出場しています。o(^▽^)o また紅白歌合戦だけではなく、NHK絡みでは2018年4月から名称を改めたNHKの国際放送である「NHKワールドJAPAN」のキャンペーンキャラクターに起用され、プロモーション映像にも出演を果たしています。

2018年には、シングル「Be Myself」でオリコンチャート12位、「Blizzard」では4位を記録、さらに2018年7月11日 にリリースした7枚目のオリジナルアルバム「球体」では5位をマークしています。o(^-^)o

 

本人は将来グラミー賞を受賞することを目標にしているといいますから、世界の舞台に飛び出す日も近いかもしれませんよ。笑福亭鶴瓶さんは、「三浦大知が、グラミー賞を獲るいちばん近い人」と話していたこともあります。これからの活動も楽しみですね!(´ェ`*)ネー

 

両陛下の前で歌唱するのは凄い

 

三浦さんは、2019年2月24日に東京国立劇場で開催された天皇陛下(現在の上皇上皇后両陛下)の在位30年を記念する政府主催の式典「天皇陛下御在位三十年記念式典」に出席し、記念演奏で「歌声の響」を独唱しました~。大変な栄誉ですね。(*^-^)

 

1月に自身の公式サイトで「歌声の響」を披露することを報告した三浦さんは、

「両陛下の想いから生まれたとても大切な一曲を歌わせていただける事、本当に光栄です」、「天皇陛下御在位30年のお祝いの心と感謝をもって、全身全霊で歌わせていただきます」と綴っていました~。o(^-^)o

 

「歌声の響」は、天皇陛下が作った琉歌(沖縄の歌)に、皇后様が曲をつけたもので、陛下が1975年に初めて沖縄を訪れ、名護市のハンセン病療養所を訪問したことをきっかけに生まれました。^ω^ 陛下の訪問に対し、療養所の人々が感謝の気持ちを込めて沖縄の船出歌を歌唱、その時の印象を陛下が琉歌にお詠みになり、それが曲になったというわけです。先の大戦から苦難の道を歩んでいる沖縄に対して常に心を寄せ、11回も訪問した天皇陛下の想いが詰まった曲だといえますね。 o(^-^)o

 

沖縄出身で、類稀な歌唱力を誇る三浦さんに白羽の矢が立ったわけですが、お祝いの式典で、「歌声の響」を独唱で見事に歌いあげました。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪

 

燕尾服に銀色のアスコットタイの三浦さんは、天皇皇后両陛下のわずか数メートル前で、マイクを左手に持ち熱唱、時には目を閉じ、曲に思いを乗せて感情一杯に歌っていましたよね。まだ見ていないという人のために動画を用意しました~。^^

千住明氏さんがピアノを、名器ストラディヴァリウスの使い手として知られる千住真理子さんがバイオリオンを担当しています。熱心に聞き入られる天皇皇后両陛下の姿も印象的ですね。^ω^

 

大役を終えた三浦さんは、「天皇皇后両陛下から溢れるとても大きく優しい愛に包まれたような気持ちになり本当に幸せでした。この貴重な経験を、感じた想いを、深く魂に刻みこれからも歌い続けていきます。本当に有難うございました」とコメントを残しています。

 

ちなみに1999年の即位10年の民間式典では、X JAPANのYOSHIKIさんがピアノ協奏曲形式の奉祝曲「Anniversary」を披露、即位20年の民間式典ではEXILEが奉祝曲『組曲 太陽の国 第3楽章「太陽の花」』を披露しています。

 

その時の動画もみておきましょう!

 

https://www.dailymotion.com/video/xb4x7m

 

平成から令和に時代は変わりましたが、上皇陛下の天皇即位30年を記念し、お祝いするいい式典になりましたね。三浦さんの今後の音楽人生にとってもいい経験になったのはないでしょうか。本当にこのたびは大役お疲れ様でした!o(^-^)o

 

いかがでしたか。今日は三浦大知さんについてまとめさせて頂きました。

 

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました~。(*・∀-)☆

 

 

-歌手, 話題のニュース
-, , ,

Copyright© ネタネタキャッチ★ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.