話題のニュース

「ガンダム」ライブやシネマコンサート、劇場上映など40周年企画を続々発表

投稿日:

機動戦士ガンダムシリーズのアニメが初めて放送されてから今年で40年になります。

40周年を記念して世界中にいるガンダムファンが楽しめそうな関連イベント、企画が次々と発表されていますのでまとめてみましたよ~。

ガンダムファン必見です。

最後まで楽しんでお付き合いくださいね~。

まず簡単にガンダムのおさらいをどうぞ!ヾ(´▽`*;)ゝ"

 

 

機動戦士ガンダムとは?

機動戦士ガンダム

機動戦士ガンダム(きどうせんしがんだむ)

ジャンル:ロボットアニメ

初回放送:1979年4月7日

制作:日本サンライズ

原作:矢立肇さん、富野喜幸さん

総監督:富野喜幸さん

キャラクターデザイン:安彦良和さん

 

上記のプロフィールは一番初めにテレビ放送されたガンダムシリーズのものです。

ガンダムに登場するロボット兵器はモビルスーツと呼ばれ、プラモデルとして発売されたガンプラを組み立てたことがある人も多いのではないでしょうか~。

意外なことに1979年の初回放送の視聴率は9.1%、関東地区で5.3%と低迷しており、当初予定されていたよりも早く打ち切りになっています。(゜ロ゜)ギョェ


後に映画化された作品などを通じて徐々に人気を獲得、ガンプラなどのグッズの展開も手伝って後に大ブームを巻き起こすまでになりました。

放送の短縮・打ち切りが決まった時に主人公のアムロが死んでしまう予定であったようですが、死んでしまっていたら後の作品が出来なくなってしまったので生かしておいてよかったですよね~。Ψ( ̄∀ ̄)Ψケケケ

 

そんな大ヒットアニメのガンダムの初回放送から2019年は40周年にあたり、様々なイベントが企画されています。^^

 

機動戦士ガンダム40周年プロジェクト始動

 

テレビアニメ機動戦士ガンダムのテレビ放送初回から40周年の2019年、バンダイナムコホールディングス、創通、サンライズによって、「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」の始動が発表されました。

これはファンも楽しみですよね~。^ω^

 

本プロジェクトのコンセプトは、BEYOND(ビヨンド)!

すべてのものを超えていくという意味が込められています~。

40年間もの長きに渡って世界中で愛されているガンダムに相応しいコンセプトですね~。(´ェ`*)ネー

 

40年間に渡って展開されてきたガンダムシリーズ、今やかなり作品数も増えていますが、ファンの世代や国、嗜好も多様化しています。

色んなガンダムとの付き合い方がありますもんね~。


 

そんなガンダム個々の作品の枠を超えて、そして国境、世代を越えて、幅広い人々にアプローチしてきたいという思いが本企画のコンセプトに込められているんですよ~。

この企画によって新たなガンダムファンやファン同士のつながりも生まれるかもしれませんね~。

o(^◇^)o

 

プロジェクトロゴもオシャレなんですよ~。

「未知のガンダムに出会い、その出会いがまた新たなつながりを生んでメビウスになる」というイメージを表現し、40周年の0の部分がメビウスの輪になり、地球から覗く太陽の光がモチーフにもなっています。^^

 

さらに~、キービジュアルも4種類用意されているんですよ~。

『機動戦士ガンダム』と『機動戦士ガンダムUC』、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』と『機動戦士ガンダム00』、『新機動戦記ガンダムW』と『機動戦士Ζガンダム』、『ガンダム Gのレコンギスタ』と『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のそれぞれのコラボになったキービジュアルで、どのビジュアルにも真ん中に大きくBEYONDと書かれています~。

 

また2019年4月からはNHK地上波で、全6話の劇場イベント上映映像を、13本のTVシリーズに再編集して放送します。o(^◇^)o

 

今回の40周年プロジェクトではテーマ曲を、LUNA SEAのメンバーであるSUGIZOさんが全面的にプロデュースします!(o^∀^)

SUGIZOさんは自他ともに認めるガンダムファンで、新たなアニメのシリーズ化に関して、ガンダムの未来を示唆する書き下ろし新曲を用意し、かつてのガンダムの名曲を様々なフィーチャリングアーティストとのコラボレーションによりカバーしており、全てのオープニング曲はLUNA SEAが担当することも決定しています。

LUNA SEAが、5月29日(水)にリリースするシングル『宇宙の詩 ~Higher and Higher~ / 悲壮美』は、テレビ放送される『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の第1弾と2段のオープニングテーマになっています!^^

CDのジャケットは2種類用意されており、初回限定盤Aは、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の生みの親でありオリジナルガンダムのキャラクターデザインを手掛けている安彦良和さんが新たに描き下ろした「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」イラストジャケット仕様になっており、初回限定盤Bは、同じく安彦良和さんがLUNA SEAメンバーを描いたイラストジャケット仕様になっています。(o^∀^)

曲も楽しみですが、ジャケットも芸術的なものになっている感じですね~。

筆者は初回限定盤Bを予約済です!^^

「ガンダム」ライブやシネマコンサートも!

 

機動戦士ガンダム40周年プロジェクトでは、他にも様々なイベントが容易されています。

 

8月16日、17日には東京オペラシティでガンダムシリーズ初のシネマコンサートが開催されることが決定しています。

指揮は、映画、テレビドラマの音楽を数多く手がけ、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」で音楽を担当した服部隆之さん、演奏は東京フィルハーモニー交響楽団のフルオーケストラになります。o(^◇^)o

当シネマコンサートは、映画のセリフ、効果音はそのままに、劇中で流れる音楽パートを上映にあわせてフルオーケストラが生演奏するというものです。

映像を見ながら生演奏を聞くという贅沢なもので、臨場感を味わうことができそうです。

記憶に残る名シーン、登場キャラクターをより鮮明に感じることができるのではないか!と言われています~。

是非チケットを手に入れたいですね!

(゜ー゜*)ネッ!

 

2019年9月7日、8日には幕張メッセイベントホールにて「GUNDAM 40th FES."LIVE-BEYOND”」と題したライブイベントの開催も決定しています~。

ガンダム的オールタイムベストライブで、世代や作品、ジャンルを越えて愛されてきたガンダムの名曲が披露されます。

感涙もののコンサートになること必至です!(o^∀^)

 

上記の2イベントのチケット販売は、公式サイトで随時発表予定ですので、要チェックですね!

ガンダム40周年記念

http://gundam40th.net/

 

さらに~、ガンダム映像新体験TOURとして、最新の上映システムを用いた「機動戦士ガンダム」劇場作品を、全国の劇場で上映することが決定しています!o(^◇^)o

最近の映画館の音響は凄いですからねえ。

既にみたことがある作品でも全く別の体験ができるかもしれませんよ~。^^

 

例えば、イオンシネマの独自規格の新時代シアター!『ULTIRA』では、天井まで迫り、左右一杯に広がる特別仕様の専用シルバースクリーンを採用しています。

また最先端のスピーカー、アンプから生み出されるクリアサウンドで臨場感一杯にガンダムの世界観を味わうことができるようになっています。

 

また体感型アトラクションシアター『4DX』では、シーンに合わせて座席が動き、風、水が吹きつける体感型シアターになっています。(゜ロ゜)ギョェ

雨、水、風、フラッシュの他20種類の特殊効果が味わえるのでガンダムの世界に入り込んだような感覚になります。

そしてシアターデザイン『ドルビーシネマ スクリーン』では、エントランスからインテリアや座席に至るまですべてが映画だけに集中するために最適化された仕様になっています。


是非劇場にも足を運んでみてくださいね~。^^

 

またガンダムシリーズでは初となる舞台作品『機動戦士ガンダム00』が2019年2月に東京と大阪で行われましたが、その上映配信化も決定しました~。5月7日までの限定配信ですが、配信元を列挙しておきますね!o(^◇^)o

 

ガンダムファンクラブ、

バンダイチャンネル、

DMM.com、

GYAO!ストア(GyaO)、

ビデオマーケット、

HAPPY☆動画アニメ、

ムービーフルplus、

dアニメストア、

Amazon、

YouTube(Google)、

U-NEXT、

TSUTAYA TV、

J:COM、

ビデオパス、

ひかりTV

 

その他様々なコラボ企画も行われていますので、HPを中心に情報を収集してみてくださいね~。

 

http://gundam40th.net/news/

 

いかがでしたか。今日は機動戦士ガンダム40周年プロジェクトについてまとめさせて頂きました~。最後までお付き合い頂きありがとうございました~。(*・∀-)☆

 

 

-話題のニュース
-, , , ,

Copyright© ネタネタキャッチ★ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.