スポーツ

バルセロナが獲得した安部裕葵とは何者?単なる金目当て要員?

投稿日:

鹿島アントラーズからバルセロナBに移籍が決定となった安部裕葵選手。

すでに日本代表A代表に招集されていますが、レアルマドリードBに移籍した久保建英選手と比較すると有名ではありません。

そこで安部裕葵選手についてまとめてみました。

バルセロナが認めた才能

スペイン紙のムンドデポルティーボが

FCバルセロナは移籍金として鹿島アントラーズに110万ユーロ(約1億3000万円)を支払い、安部には3年間の契約と2年間の延長オプションがつく

と報道しています。

7月8日の鹿島アントラーズVSジュビロ磐田(鹿島スタジアム)では後半残り15分で投入されたので

もう怪我が無いように鹿島アントラーズで最後の試合を行ったといったところ。

サポーターへ最後の挨拶をすませてバルセロナに渡ります。

安部裕葵選手がバルセロナから目を付けられたのは、おそらくこの試合でしょう。

Jリーグワールドチャレンジ2017鹿島アントラーズVSセビージャ!

スペインの強豪セビージャを日本に招いての親善試合で当時18歳で決勝点をアシストしています。

3人抜きから落ち着いたアシストで非凡な才能を見せつけました。

翌年はアジア王者としてクラブワールドカップに出場して、北中米カリブ王者グアダラハラ相手にこのゴール

カーブが掛かった強烈なシュートですね。

安部裕葵選手は万能型のミッドフィールダーで一言で何が凄いと表すのが難しい選手です。

・視野の広さ

・ドリブルスキルの高さ

・戦術眼の高さ

・パスセンス

・キック精度

・得点力

・メンタル

などが特徴として挙げられますが、個人的に最も特筆すべき部分はメンタルだと思っています。

19歳でJリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞したときには「来年はエースとして活躍したい」とコメント。

名門鹿島アントラーズで10番を20歳で背負いました。

鹿島アントラーズのチームメイトで元日本代表の内田篤人選手も遠慮して距離を置く若手が多い中で安倍選手は臆せず話しかけてきてアドバイスを聞きに来たそうです。

そんなプロ向きのメンタリティーは中学生時代に養われたようです。

中学時代はエスティーロFCに所属。

実はこのチームの運営者は本田圭佑選手です。

本田圭佑選手は日本最大級のサッカースクール運全国に展開しており、カンボジア、アメリカなど海外にも進出。

安部裕葵選手は本田圭佑プロデュースのスクール生のプロ第一号なんです。

安部裕葵選手は

「本田選手の常に結果にこだわる姿勢を参考にしています。中学3年生の時にかけられた『夢を持て』という言葉を胸に高校生活を過ごしました」「S.T.FCでの3年間は、サッカーに向き合うことができ、サッカー選手としての基礎が作れた3年間でした。特にサッカーだけではなく“忍耐力”や“継続すること”など本田フィロソフィーを通じた人間力を教わりました。これから、今まで僕に携わってくださった人達に感謝の気持ちを持ち、恩返しをしたいです。近い将来、プレミアリーグでプレーし活躍したいと思っています。そのためにプロとして必要な行動を選択できるように心がけ、いつの日か本田選手の存在を超えていきたいです」

とプロ入り時にコメント。

ビッグマウスぶりは本田圭佑選手の教えを受けたという印象を受けますね。

なぜバルセロナBだったのか?

個人的には安部裕葵選手は海外から声が掛かって当然と思っていましたが、驚いたのが移籍先がFCバルセロナBだったことです。

安部裕葵選手はバルセロナB(2軍)からスタートすると思いますが、バルセロナBは現在スペインリーグ3部。

Jリーグよりも対戦相手のレベルは落ちるといわれています。

安部裕葵選手は3部リーグでアピールしてトップチームの練習に参加。

そこで認められるとカップ戦で何分か起用されて、レギュラークラスに初めて挑戦できます。

また、リーガエスパニョーラのEU外枠はわずかに3。

南米、アフリカの雄から1チーム3人の枠を奪わなければいけません。

バルセロナでは移籍金100億円クラスの選手で安部裕葵選手のポジションは埋まっていて現状チャンスは皆無でしょう。

しかし、安部裕葵選手を獲得したことにはいくつかの狙いが考えられます。

・Bチームの2部昇格

・転売ビジネス

・日本企業のスポンサード

の3つが挙げられますね。

2010-11シーズンはバルセロナBはスペインリーグの2部で3位となっていて2年前にも2部リーグにいましたが現在は3部に降格しています。

将来を嘱望される若手選手が多いため、良い選手は他のチームから引き抜かれてしまい、チームのレベルも落ちてBチームから昇格する選手が少なくなってしまってるのが現状でBチームも強化しなければなりません。

そこで、将来トップチームに昇格させたい大化けしそうな若手選手だけではなく

安部裕葵選手のような安くてプロとしての実績もある選手を獲得して、Bチームを2部に昇格させたい狙いがあるでしょう。

また、日本企業のスポンサードがあるかもしれないですし

期待外れだったらJリーグを含めて他のチームに売却すれば1億5000万円の移籍金は元は取れます。

そこそこの活躍をすれば、バルセロナの箔をつけることで選手の価値を高めて、高く売ることもできます。

というわけで

バルセロナが安部裕葵選手の才能を認めたのは間違いないですが、確実に損をしない青田刈りというのが実態。

トップチームで活躍する可能性はかなり低いですね。

ただし、漫画キャプテン翼の大空翼はバルセロナBで大活躍してからトップチームに昇格しましたから

リアル大空翼といわれる活躍に期待したいですね。

ネットの声

年齢考えたら態々アンダーカテゴリに行く必要はないかと

安部裕葵がバルサという事で、鹿島でのプレーも全然見てないので、動画でハイライトとコパアメリカの全タッチ集見たけど、
今のところフィジカル、スピード、など特に秀でたモノがある訳でもなく、個人技術が物凄い高い訳でもないようだ
これはかなり苦労すると思う、トップには上がる事は厳しいかなと

スポンサー楽天との関係は!?

日本ツアーの話題性要員では?

-スポーツ
-, ,

Copyright© ネタネタキャッチ★ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.