話題のニュース

かんぽ生命が不正販売?対応はいかに?

投稿日:

かんぽ生命は顧客に不利な保険の乗り換え契約をしていたことが分かりました。

被害の実態は?かんぽ生命がとった対応とは?

以下で詳しく見ていきましょう。

かんぽ生命が行った不正とはどのようなもの?

かんぽ生命保険は、お客にとって不利益となる保険の乗り換え契約をしていたことが分かりました。

そして、お客様に対して新しい契約と旧契約の2通りの契約が同期間に続いている状態を作りました。

 

その結果、顧客が半年間にわたり、新旧両方の保険に対して2重払いを強いられる結果になったのです。

その数なんと2万2千件。2016年4月~2018年の12月にかけて、このような支払いがあることが判明しました。

 

かんぽ生命側でもこの事態を認めました。

なぜこのようなことが起こったのでしょうか。

 

その理由は、かんぽ生命の職員の手当の給付目的にあるとされます。

 

かんぽ生命では、新しい契約を締結後、6ヶ月以内に古い契約を解約すると乗り換えになります。乗り換えになると悪い点は、郵便局員に給付される報酬や営業成績が半分に減ります。

 

その影響から、乗り換えをしたいお客様に対して、報酬の減額を防ぐために、6ヶ月経過後に解約するように取りはからったというのが今回の事件です。

その結果、お客様は乗り換えた保険と古い保険の2種類の保険に対して、6ヶ月にもわたり費用を負担していたのです。

 

さらに、お客様が古い契約を解約した後、3ヶ月以内に新たに契約を行った場合、これも乗り換えとしてみなされます。

そのため、解約から3ヶ月以上経ってから契約を結ぶようにしむけるケースも多数あったというのです。

 

このような乗り換えゆえの職員の報酬減額を防止するため、お客様が無保険に追い込まれたケースがかなりあったと思われます。

 

契約前の4ヶ月から6ヶ月の間に無保険になっていたのは2016年4月~2018年12月に行われた契約では、4万7千件にものぼります。

 

発覚した問題はさらにあります。かんぽ生命は、乗り換え販売の際、健康の悪化などが理由のために再契約が不可能になった不利益転売のケースが5年間で1万8900件あったことを公表したのです。

 

職員一人一人の不正よりも、このような不正販売を助長させるような体制にこそ問題があると思われます。

この問題を受けて、かんぽ生命には連日問い合わせが殺到しています。

 

あまりにも殺到するため、不適切な事例に対して調査を続けることと同時に、全契約者に対して意向確認が行われることが決定されました。

かんぽ生命と販売を提携する日本郵便とともに、契約者全員に対して保険の契約内容が以降通りなのか、を再確認する方針が示されました。

 

確認は手紙や直接訪問で行われる予定です。

もし希望通りの契約内容ではないことが判明すれば、契約を結んだ時の状況をもう一度確認するととともに、契約の取消しや保険料の返還といった対応が取られる予定です。

 

かんぽ生命では対応用のコールセンターもでき、対応に追われています。

 

さらに、被害の影響は今後の販売にも影響しそうです。

かんぽ生命と日本郵便では、8月末までのかんぽ生命の営業は自粛する方針を固めました。

 

顧客への説明、意向確認を優先して行う考えが示されています。

なお、かんぽ生命では新契約は減少するが、販売費用も減るとして、業績予想はそのままの数値とする方針です。

 

新契約を結ぶときに、どのように対応を迫られたか、強引に旧契約の持続が求められなかったか。

また不正を行った職員への処分はどうなるのか。会社自体への制裁は社会的制裁で十分なのか。

事態の究明ととともに、かんぽ生命側の対応のあり方が問われていきそうです。

 

ネットでの声

 

当然ですが、かんぽ生命に対しては非難の嵐です。

ただでさえ違法となる行為が大量に、そして組織ぐるみで行われていた、ないしは行わせる体制であったことに対して、呆れる声が聞こえてきます。

違法行為を当然のように行わせる事態、それをおかしいともっと内部からの声が活かされない組織体制…。

今回の1件は、日本の組織のあり方そのものに対する警鐘なのかもしれません…。

かんぽ生命の経営陣「不正を行った社員は厳正に対処する」ってアホか。お前ら経営側の過度なノルマのせいで不正が横行したんやろ。それなのに、社員が勝手に不正したので処分して終わり。おかしくないか?お前らが責任取ってやれよ。社員は使い捨てかよ。

【懺悔】以前郵便局の保険の外交をしていた者です。今回のかんぽ生命の不正な乗り換え契約問題について、程度の差はあれ、ほぼ全外交員が手を染めています。あらたに契約させてから6ヶ月間、2重払いさせるのは6ヶ月以内に解約されれば乗り換え契約になり手当が支給されないからです。#かんぽ生命

結局7payもかんぽ生命も金融庁報告握りつぶしも 現場が何も言えない・言っても無駄・強く言えば外される ていう日本の病理が原因だよ

トップがイエスマンで固めて出世するのは三原じゅん子や河野太郎みたいなゴマスリ芸者だけ 判断を間違えないワケがない

-話題のニュース
-, ,

Copyright© ネタネタキャッチ★ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.