話題のニュース

スマートフォンの違約金引き下げ?新案の与える影響とは?

投稿日:

スマートフォンの違約金を引き下げる動きがあることが分かりました。

違約金は1000円が上限になる案が出ています。

詳しく見ていきましょう。

違約金引き下げの影響とは?

総務省は、2019年6月18日に違約金の上限を1000円までにする案を出しました。

携帯電話市場の競争促進のためとしています。

 

仮にこれが実現すれば、消費者が携帯電話を買う行動に大きな変化が出る可能性があり、注目が集まっています。

 

提出された案にはほかにも、端末料金と通信料金を区分する分離プランがマストになるという点がありますが、この点に関しては、携帯電話大手3社は対応を済ませています。

 

また、制度の目的として、囲い込みがゆきすぎていることを是正することがあります。

 

通信契約の違約金が発生すると解約が難しくなります。解約をしやすくし、安いサービスをその都度消費者が選べる体制を作ることは、より市場競争を促進できることにつながります。

 

また、通信会社各社には2年間の長期間契約を結ぶことで毎月の通信料が安くなるサービスを実施してきました。

 

 

しかし、解約する際には違約金がかかります

 

一般的な違約金は9500円と、高額な違約金が発生することもめずらしくありません。

 

これも裏を返せば、2年間は契約解消できなくなるように消費者を縛り付けているサービスとも言えます。

 

そこで、総務省は、違約金を上限1000円までにする案を検討しています。

 

そのほか、長期契約での値下げ幅にも規制を設けることが検討され、値下げの上限は現在1500円~2700円ですが、新案では170円までに減らされることが示されています。

 

消費者からすると、長期契約を行うメリットがなくなりますし、その分買い換えが容易になります。

 

ただ、特定のサービスを長く使うことに抵抗のない消費者や、そもそもどの会社でも無関係だが安く済ませたい消費者にとっては、長期割がなくなることは逆に経済的な痛手になる可能性があります。

 

端末値引きの上限額にも規制が検討されている?

ソフトバンクの「半額サポート」をご存じでしょうか。

スマートフォンなどの端末を長期間の分割払いにて購入し、途中で店側に返却するがその分端末代が債務から引かれるというサービスです。

 

KDDIの「アップグレードプログラムEX」、NTTドコモの「スマホおかえしプログラム」も同様のサービスとなっています。

今回の案では、この取り組みに関しても規制がかかることが検討されています。

 

具体的には、端末値引きの上限を規制する案が検討されています。

 

継続を条件としない端末値引きの上限は、一部例外を除き2万円にする規制、通信契約を女権に端末の値引きを禁止する規制が検討されています。

 

また、同じ携帯電話会社を長期間契約する方への割引の規制が検討されています。

これは、2年縛りの違約金が安くなると携帯電話会社が継続により割引をすることでつなぎとめようとすることを懸念しての規制と考えられます。

消費者が受ける影響は?

以上のような案が実際に適用されると、どのような影響を消費者は受けるのでしょうか。

まず、違約金の上限が1000円となる規制については、他者への乗り換えが多数行われることが見込まれます。

 

また、違約金が値下げになると、携帯電話会社の基本料金が上がることが予想されます。

仮にしばらくの間混乱を下げるために値上げが阻まれたとしても、携帯電話会社への損害が生まれ、その分どこかでコストカットが行われることになります。

 

それにより、将来的なネットワーク整備や携帯電話ショップ網の運営やサービスの質が低下する可能性もあり、消費者に対して結果的に不便な結果になる可能性もあります。

また、KDDIやドコモでは、先日新料金プランの導入をしたばかりだったのに、2年契約が前提とならない体制になれば、変革が求められるでしょう。混乱は避けられないかもしれません。

 

消費者側のデメリットもあります。

スマートフォンの安価な購入ができなくなる可能性が高いことです。

長期利用を前提にした割引制度がなくなることで、高額な端末に対し通常料金を支払う必要があるデメリットがあります。

 

また、5Gへの影響が懸念されています。5G対応端末はハイエンドモデルが多数を占めることが予測されます。

端末の値引きが難しいと、高額な端末の消費が進むのはあまり考えられないことになります。

 

制度案は今年の秋から施行予定で、より議論の上、本当に必要で望ましい制度が導入されることが望まれます。

ネットでの反応

いまぁ丁度テレビでやってるの見たけど皆これだけ言っておくよ!
時代はSIMフリーだからね!
キャリアとSIMロックは止めてSIMフリーだからね!
大事な事なので2回いいました(マジで)(ⓞ^ⓞ)
まず違約金自体がイミフです笑

View this post on Instagram

#携帯電話違約金 #スマホ違約金 #解約金 #違約金  実現すればかなり嬉しい!  昨年末 #iPhone8 に替える際、本体代一括0円にする為 #au に乗り換えました  それまで格安だったので、やっぱり高い… ◯前回は夫婦2人で12GB使えて月約5500円 △今は2人共2〜3GB以内に抑えて約7000円  1年未満の解約は本体代が請求される為、1年経ってから違約金9500円×2人分(夫婦分)支払って乗り換えようと思っていたところに1000円以下になるかもしれない嬉しい情報♡  約2万円かかるところ⇒2000円以下に⁉︎  ☆ 約10分の1 ☆  是非実現してほしい!  #携帯乗り換え #格安sim  #総務省 #2年契約 #2年縛り #通信料 #通信料削減 #固定費削減

A post shared by にこ☺︎ (@nicocomairu) on

-話題のニュース
-, ,

Copyright© ネタネタキャッチ★ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.