俳優

中村倫也の俳優人生とは?人気が出るまでには下積みも長かった…

投稿日:

中村倫也の人気が急上昇しています。

2018年、2019年と気になる存在で居続ける俳優。

その出演作品や本人の思い入れ、どのような俳優人生を歩んできたのかなどに迫ります。

中村倫也の人気急上昇!活躍の様相

2019年の男優急上昇ランキングで1位になった期待の星として、中村倫也がいます。

2018年に人気が急上昇し、その流れのままランクイン!

 

2018年には『孤狼の血』『伊藤くん A to E』『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』などに出演しました。

また、出演中の映画『長いお別れ』は現在公開中で、2019年には『屍人荘の殺人』が公開される予定となっています。

 

2018年にも連ドラで活躍している姿が見られました。

『ホリデイラブ』ではモラハラDV夫を演じ、『崖っぷちホテル!』では競艇狂いの総料理長を演じました。

 

また『ドロ刑-警視庁捜査三課-』では、プライドの高い刑事として出演しました。

役の幅も広いですね。

特に印象深かったのは、NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』にてヒロインの初恋相手を演じたことです。

 

 

この時期から大きく注目され始めたようです。

出演した作品の内容の濃さには、本人も感じるところだったようです。

連ドラ『初めて恋をした日に読む話』が放送されていた頃、人気が急上昇していることが世間にも認識されるようになります。

 

ドラマの終わりの頃には、ツイッターのトレンドで、「山下くん」「山下先生」がランキング上位を独占するなど、キャラクターとしての人気も高かったようです。

過去1年の俳優生活を振り返り、本人も意識していない部分においてプラスになることがたくさんあったと思うと回答していました。

 

中村の挑戦は続きます。

近頃話題なのは、公開中の映画『アラジン』への出演です。声の出演ですが、アラジンの声の吹き替えを担当しています。

 

本人は選ばれるとは思っていなかったようですが、声優として声を当て、歌を歌う収録があまりなかったことで、本人にとっては非常に新鮮であったようです。

とはいえ、人気作品に取り組むに当たり、責任の重さは強く感じていたといいます。

 

演出では、繰り返し、「声を高くすること」を指摘され続けたといいます。

目をキラキラさせる子供みたいな気持ちで演じるようにとの趣旨だったようで、単純にキーを上げるのでなく気持ちをこめて収録に望んだようです。

 

中村にとって刺激を受ける同世代の俳優は、賀来賢人さんだそうです。

『RENT』(12年)というミュージカルでの出あったあと、『今日から俺は!!』(18年)での再開でしたが、同じ時期に活躍し、同じ時期に人気を浴びているという意味で似た感じを受けるのだそうです。

当然持ち合わせている素質や能力は異なりますが、応援したい相手だと語っています。

 

半分、青いではどのような点に気をつけて演じたのでしょうか。

エッジの効いたことを言いつつも、視聴者に受け入れてもらいやすい愛嬌も大切に、しかしつかみどころのなさも感じて演じるように努めたそうです。

 

余白を意識することも多かったと言います。

声に緩急をわざと作り、話しの途中で目線をずらす、棒読みするところをあえて作る…。

 

ドラマを見ている人に対して、この人は今どのように考えているのかを想像する余地を残しながら世界観を作り上げていく努力をしていたといいます。

中村の苦労した下積み時代からの飛躍

若いうちはなかなか人気が急上昇することはなく大きな成果がでませんでしたが、コツコツと積み重ね、遅い時期でも能力を認められて活躍したいという気持ちでキャリアを積み重ねてきたようです。

 

2006年からは舞台での芝居を経験し、年に2、3本に出演したと言います。

 

コツコツとさまざまなミュージカル、コメディ、シリアスなどのジャンルに取り組み、キャリアを積み上げていきました。

2014年に初の主演を努め、「ヒストリーボーイズ」により読売演劇大賞優秀男優賞を受賞しました。

 

しかし、その頃になっても映像作品には門前払いで出演を検討されることもなく、辛い思いをした時期もあったようです。

同じ年代の俳優が活躍する姿に悔しい気持ちがわきあがることもあったといいます。

 

しかし、努力の甲斐あって、ようやく2016年から映像の仕事がまわってきはじめます。

「闇金ウシジマくん Season3」への出演の頃から、映像の仕事にも精を出して取り組み始めます。

 

そして2018、2019年。

一気に人気が高まり、複数の映画やドラマを掛け持ちする忙しい日々を送ります。

 

役の幅が広いと評される中村ですが、それはやはり舞台でさまざまなジャンルに地道に取り組んできた下積みが実っていると思われます。

 

本人からすると、最近舞台を演じていたときよりは役の幅がむしろ狭くなっていると感じるそうです。

影での努力や下積みが、彼を花開かせたと言えます。

ネットでの反応

 

やはり容姿や仕草に関して褒めちぎるコメントが多めになっています。

女性に人気の話題の人気俳優ぶりが、ネット上からもうかがえます。

映画アラジンでの声を絶賛する声もあり、ますます人気は高まっていくのではないでしょうか。

-俳優
-, ,

Copyright© ネタネタキャッチ★ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.