スポーツ

【ゴルフ】渋野フィーバーはまだまだ続く!

投稿日:

AIG全英女子オープンで日本の渋野日向子(20)が、最終ラウンドを68で回り、

通算18アンダーの270で初出場で優勝を果たしました。

終始笑顔のスマイリングシンデレラと現地で評判になり、

日本での凱旋ツアーとなりました。

日本勢2人目のメジャー制覇

今回のAIG全英女子オープンの渋野日向子の優勝は、

1977年の全米女子プロ選手権を制した、

樋口久子以来ということで日本勢2人目

実に42年ぶりの快挙となったのです。

現在、女子ゴルフ選手のメジャー大会は、

ANAインスピレーション、女子PGA選手権、全米女子オープン、全英女子オープン、エビアン選手権

以上の5大会となっています。

それ以外のツアー優勝者は何人も出ているのですが、

メジャーとなると賞金額も違い、

1年に5大会しかないのですから、

テニスの4大大会に匹敵するものと考えていいでしょう。


ちなみに今回のAIG全英女子オープンの優勝賞金は、

67万5千ドル(約7200万円)です。

渋野日向子は、前半に一つスコアを落としたのですが、

後半の5バーディーで再逆転しました。

先に65をマークしたリゼット・サラス(米国)と並んでいた最終18番で、

バーディーを奪い、1打差で競り勝っちました。

ですから、ぶっちぎりの優勝というわけではなく、

最後までどちらに転ぶか分からない中での優勝ですから、価値があるのです。

3番パー4で、痛恨4パットのダブルボギーをたたき一時はV争いから脱落しかけました。

初出場であること、若干20歳であることを考えると、

誰もが「ここまでか」「でもよくがんばった」と思ったことでしょう。

しかし、そこから持ち直し、後半は劇的なバーディラッシュで

リゼット・サラスと並んだ最終18番パー4で

約5メートルのバーディーパットを沈めて優勝を決めました。

77年全米女子プロを制した樋口久子(現LPGA顧問)以来2人目の快挙となったのです。

「スマイルシンデレラ」が世界を驚かせた瞬間です。

終始笑顔でプレイ

黄金世代の渋野日向子(20=RSK山陽放送)が、

日本勢では男女通じて42年ぶりのメジャー優勝を達成しました。

彗星のごとく現れた、「スマイルシンデレラ」が、ついに世界の頂点に立ったのです。

日本から約9500キロ離れた地。ロンドンの北西にある会場で、歓喜の瞬間が訪れました。

日本から来た無名の20歳。渋野が大歓声を浴びたのです。

夢か、現実か…。こんな日が訪れようとは、想像もしていなかった…。

日本勢としては42年ぶりのメジャー制覇の快挙を達成。19年8月4日。

日本ゴルフ界に、永遠に消えることのない新たな歴史が刻まれました。

スマイルシンデレラ…それでも、苦しみ抜いた末の優勝でした。

2打差をつけた2位ブハイ(南ア)との2人で、最終組をスタート。

優位にいるはずが、重圧にのみ込まれたのは仕方のない面もありました。

2番でバーディーパットがカップに蹴られると、続く3番パー4で悪夢を見たのです。

2オンしながら痛恨の4パットで2位後退…。

そこから、5番で5メートルのバーディーパットを沈め、

再び単独首位に立ったものの、そこでも伸ばしきれません。

そのため、一時は首位に5人が並ぶ大混戦を招いたのです。

勝負は、前日の第3Rまでの3日間でボギーなしと強さを見せつけた後半の9ホールでした。

残り3ホールで、リゼット・サラス(米国)と通算17アンダーの再び首位で並び、

事実上の一騎打ちとなりました。

「鳥肌が立ちすぎて、言葉にできないです。前半は緊張していたけど、後半は緊張していなかった。最後もそこまで緊張しなかったです。(18番のバーディーパットは)ここで決めるか、3パットするか。強気で打ちました。(3番の4パットは)怒るより、だんだん悲しくなってきた。10番は切り替えるために、ここでバーディーを取らないといけないと思いました」

最終18番パー4。渋野がバーディーを奪えば、優勝が決まる…。

舞台は整いました。

外せば何メートルも転がっていきそうな強いアプローチ…

長いバーディーパットを沈め、歓喜の瞬間を迎えたのです。

この投稿をInstagramで見る

しぶこ!優勝おめでとう🍾🍾 あんなに笑顔で楽しそうに。 ゴルフを楽しく見せるのはプロの宿命。 本当にプロゴルファー全員に見習ってほしいことかもしれません😆👍👍 日々勉強!!! インタビューでしぶこのこと色々聞かれたけど とりあえず 「優勝して私の優勝をなかったことにするくらい日本を盛り上げてください」と言いましたw 実現して嬉しい🤗🤗🤗 帰りにキャディバック無くなりませんように。いやまじで。笑笑 こんなこと書いておいて私は一緒に回ったことがありません。 回りたいです。運営さんお願いします。笑笑 #渋野日向子 #えげつない偉業 #全英女子オープン #笑顔 #楽しく #エンターテイメント #本当におめでとう!

成田美寿々さん(@misuzunarita)がシェアした投稿 -


岡山県出身。作陽高(岡山県)時代に指導した同校ゴルフ部の田淵潔監督(59)は

「言葉が出ない。本当におめでとう」

と感慨深げでした。

「物おじしない子だったが、高校時代よりも精神的にさらに強くなった。ミスをしても引きずらなかったし、成長した。世間の期待も大きくなるけど、これからも勝利を重ねてほしい」

とエールを送っています。

昨年は賞金0円

渋野日向子は、ちょうど1年前の夏にプロテスト合格に合格します。

昨年は国内のレギュラーツアーで獲得賞金0円の選手です。

それが一気に世界の頂点に立ったのです。

まさにこれが“シンデレラストーリー”なのでしょうか。

かつて世界ランク1位に立った宮里藍ですら成し遂げられなかったメジャー優勝の快挙。

成長著しい20歳が、一気にその階段を駆け抜けたのです。

ネットの反応

「あのスマイルは世界を魅了したね。まだまだメジャーで何度も勝つことができると思います。観ていて気持ちがよい。
おめでとう!」

「凄いよ、ヒナコ!見ていて良かった。感動をありがとう。」

「みんなに愛されるキャラも素敵だし、まだまだたくさん勝てると思う。今の気持ちを忘れず精進して行って欲しい。」

まさに「スマイルシンデレラ」これからの活躍が期待できますね。

-スポーツ
-, ,

Copyright© ネタネタキャッチ★ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.