話題のニュース

チョ・グク事件!なぜ韓国のことが日本でこんなに報道されるの??

投稿日:

チョ・グク事件…韓国の事件なのですが連日日本で報道されています。

3大新聞の一面にも掲載されるくらいですから、関心が高いのはわかるのですがそれでも韓国の話…

どうして、韓国の事件がこんなに日本で報道されるのでしょうか。

韓流ドラマと同じ??

日本のテレビの情報番組でのチョ・グク事件の盛り上がり方は異常といってもいいでしょう。

隣国といっても他国の閣僚の任命についてなんでこんなに関心があるのか…という人も少なくないでしょう。

その理由のひとつとして考えられるのが、チョ・グク氏が長身でハンサムだからというものです。


テレビでは宮根氏が、「これが森永卓郎なら誰も話題にしない」なんて言っています。

いささか問題発言であり、関西乗りの茶化しをしていたのですがが、これには誰もがうなずいたことでしょう。

日本人になぜそれが受けるかと言えば、これが「実写版・韓流ドラマ」だからなのです。

あのドロドロした濃い人間模様はドラマの中だけでありませんでした。

それでは、どうして韓流ドラマは日本人に受けるのかという話になります。

韓流ドラマは時代劇に似ている…

今回のチョ・グク事件なのですが、江戸時代の時代劇のようだと指摘する人が少なくないのです。

どこが似ているのかということですが…江戸時代はそれまで仏教が主流だった日本を儒学に置き換えた李氏朝鮮のイミテーションだからなんです。

当時の朝鮮も、というか朝鮮はずっと儒教思想で来ていますからね。

似ているのは当たり前といっていいんです。

仏教中心の日本では、江戸時代以前には儒教はそれほど盛んではありませんでした

ですから、階級ということに江戸時代以降ほどのこだわりは少なかったのです。

階級制度の少ない、もっとおおらかな社会だったのですね。

ところが、朝鮮からもたらされた朱子学の世界というのは、身分秩序を明確にせよと言う主張だったのです。

士農工商も儒学の教えです。

身分制度を確立したい、ときの支配者である江戸幕府にしてはおあつらえ向きの思想だったんです。

また、儒教といえば宗教ですが日本でどちらかというと学問とか格式といった形で、「儒学・朱子学」として広まりました。

朱子学を学んだ藩主は、同和地区の人には一目でそうと分かる服装を着させてました。

そのため、明治維新を否定的に見て江戸時代を誉める人の中には韓国や北朝鮮のシンパが多いんです。

このあたりは少し突飛すぎる発想かもしれませんが、韓国は儒教の国と考えたら今回のチョ・グク事件というのはわかりやすいんですよ。

儒教の国・韓国

韓国はどうして親族がらみのスキャンダルが多いのでしょうか。

過去の大統領経験者は、身内を優遇しすぎて墓穴を掘っています

権力を持ったら人間は堕落するというのを韓国の大統領はわかりやすく身をもって示してくれているのですね。

もっとも、それは韓国が儒教の国だから…と思ったらわかりやすいのです。

儒教は清廉潔白を要求する思想などではありません。

まったくないといっていいでしょう。

地位の高い人はそれに相応しい格式を整えることを求める思想なのです。

そのため、親族の面倒もしっかり見ることを求めるといった現代で考えるとかなりダーティーな思想です。

ただし、韓流ドラマは衣装の華やかさなどを見ると、逆に日本の時代劇を真似たものですよ。

李氏朝鮮ではカラフルな衣装はほとんどなかったからです。

韓流ドラマのあの色彩美のほとんどはまがいものなのです。

ああいった色彩美は王族くらいしかできなかったでしょう。

史実では、李氏朝鮮時代の服装を見るとほとんど白ばかりですからね。

文大統領批判の高まり

日本でも報道されていることですが、日本製品の不買運動の高まりとともに文大統領の批判も大いに高まっています

規模の大きさでは批判運動のほうが大きいかもしれません。

そこに来てこのチョ・グク事件ですから、これが決定的に叩かれると文政権の屋台骨をゆるがしかねません。

それなのに、法相の任命を強行するところに身内意識が垣間見えてしまうのです。

この投稿をInstagramで見る

요즘, 조국사마에 빠진 일본 TV를 보며 그에 대한 일본 지인들의 반응을 듣는 쏠쏠한 재미가 있다. 혐한의 시각으로 국내 보수 일간지와 똑같은 시각으로 엄청 꼼꼼한 보도를 하고 있지만 그럴수록 드러나는 두나라 민주주의의 확연한 차이 . 그리고 드디어 이어진, 문 대통령의 조국사마 임명! 그리고 3일만에 새로운 아베 내각 출발...두나라의 민주주의의 차이는 극명하게 드러난다. 와이드 쇼와 일본 기레기들이 열폭했던 청문회!...아베상도 바베큐 친구들 임명 하기전에 이런 과정을 거쳤으면 좋겠다는 얘기들부터, 일본도 한국처럼 여성들이 요직에 기용되어야 한다는 바램까지... 한때 내가 무척 부러워 했던 나라의 몰락(?), 또 그것이 가서는 않되는 극단적인 우경화와 군국주의로가고 있음을 바라보는 씁쓸한 추석의 아침. 最近, 曹国様に惚れってる日本のTVを見て、それに対する日本人友たちの反応を見るのがかなり楽しい。連日、特集放送中。 嫌韓の視覚で韓国の保守日刊紙と同じ視覚ですごく細かい報道をしているがなおさらあらわれる両国の民主主義の明確な違い。 そしてつい、ムン大統領の曹国様に任命! そして3日目には新しい安倍内閣出発...両国の民主主義の違いは克明に表れている。 ワイドショーと日本のマスゴミが熱爆した人事聴聞会...安倍さんもバーベキューの友人任命する前に、このような過程を経ったらいいのにという話から、日本も韓国のように女性が要職に起用されるべきだと言う希望まで...一時、がすごく 羨望した国の没落(?)、またそれが行ってはいけない極端な右傾化と軍国主義に向かっていることを眺める苦い秋夕の朝。 #조국 #曹国 #新法相 #法務長官 #チョ・グク #イケメン #アイドル級関心 #서울특파원고생많네ㅋ #정경심교수 #武藤正敏 #嫌韓大使

divashimさん(@ouchanfabienshim_official)がシェアした投稿 -


チョ・グク事件は言ってしまえば身内を優遇したものです。

そして、法相任命は文大統領の身内を優遇する(考えに近い人を登用する)といったことです。

ここに儒教的思想があるのですね。

批判も多いのですが、韓国にとってはある程度許容されているといってもいいでしょう。

文大統領支持率は全体で半分近くいますし、与党支持層では7割以上の支持を固めています。

それでいて、朴槿恵大統領のようになるかもしれないということですから、韓国という国はこちらの常識では計り知れないところが多々あります。

毎回のごとく韓国の大統領というのは受難続き…なんてことにならなければいいのですけどね…。

ネットの声

「もし、検察が本物であるならば、パク前大統領の時と同様にならなければならない。疑惑が黒であるなら文大統領が司法に関与し働きかけているのがはっきりする。」

「韓国国民も日韓対立よりもこっちのほうが好きそうだけどね。日本の批判をするのは挨拶代わりみたいなもので本心では仲良くしたいはず。それよりもこの事件のほうが韓国民にとっては大事なんですよ。身内重視がおかしいっていうのはわかっていてもやめられないのは、身内以外は信じることができないってのもあるかも。」

「問題はは文大統領がこの人を法相に任命したことなんだよね。自分はパククネのようにはならないという、根拠のない自信がありそうなので、そういった自信はどこから来るのかというと、日本叩きで支持を維持するしかないんだよ。日韓対立が自分の首を絞めることになるのに、この大統領は破滅するまでわからないと思う」

今後にもっと注目が集まりそうです。

-話題のニュース
-, ,

Copyright© ネタネタキャッチ★ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.