アイドル

カントリーガールズが活動休止の衝撃。各メンバーの今後は?

更新日:

ハロープロジェクトのカントリーガールズが年内で活動休止すると発表されてファンに衝撃が走っています。

カントリーガールズの活動休止については、活動の歴史を振り返って理由と今後を考察していきます。

カントリーガールズの歴史と事務所発表の本当とうそ

カントリー・ガールズは2014年、カントリー娘。の里田まいさんをスーパーバイザーに迎え結成されました。

プレイングマネージャーの嗣永桃子さんをプレイングマネージャーとして迎えた新ユニットでしたが、嗣永桃子さんが2017年芸能活動を卒業したことと、学業優先で大学受験を目指していた小関舞さん、山木梨沙さん。

大学進学を目指していなかった森戸知沙希さん、船木結さん、梁川奈々美さんの活動頻度にズレが生じカントリーガールズの活動を減らし、大学に進学しなかった森戸知沙希さん、船木結さん、梁川菜々美さんはそれぞれモーニング娘’19、船木結さんはアンジュルム、梁川奈々美さんはjuice=juiceに兼任で加入していました。

大学受験を控える小関舞さん、山木梨沙さんの大学卒業が近づくタイミングでカントリーガールズを今後どうするかという選択が迫られることは、2017年の段階から決まっていたことといえます。

そこで事務所が出した結論はカントリーガールズの活動休止でした。

では事務所の発表を見てみましょう。

カントリー・ガールズは12月26日 LINE CUBE SHIBUYAでのコンサートをもって、活動を休止、
メンバー4人はカントリー・ガールズを卒業いたします。
2017年夏からは、ハロー!プロジェクトが20周年を迎えることもあり、日々の活動をより精力的に行うため、
森戸知沙希・梁川奈々美・船木結は、ハロー!プロジェクトの他のグループとカントリー・ガールズの活動を兼任し、
山木梨沙、小関舞に関しては「学業との両立」のため、他のグループを兼任しての活動は困難な状況と判断し、
学校の放課後や休日、長期休暇中での稼働をメインに活動してきました。
今年になって、メンバーから、今後の活動について相談したいと話がありました。
山木は芸能活動に区切りをつけ、就職して新しい道を進みたい
小関は大学の進学を目指しつつ、個人での芸能活動にチャレンジしたい
船木はハロー!プロジェクトから離れたところに自分の身を置き、ダンスを中心に学びながら自分の力を試したい
と、それぞれ将来についての話でした。
3人の次の目標に進む意志が固いことが確認できたので、新しい道に送り出すことを決めました。
山木はハロー!プロジェクト、カレッジ・コスモスも卒業し、芸能活動は引退、
小関はハロー!プロジェクトも卒業、芸能活動を継続、
船木は2020年3月をもってハロー!プロジェクト、アンジュルムを卒業、以降芸能活動を休止いたします。
森戸は引き続きモーニング娘。のメンバーとして活動していきます。
カントリー・ガールズとしての今後ですが、メンバーを一新し再始動することを考えています。
これまでカントリー・ガールズを応援していただいたすべての皆様に心から感謝いたします。
今後も引き続き応援いただきますよう、お願いいたします。

こういった事務所からの発表は本当のことと、嘘が入り混じっているものです。

まず、山木は芸能活動に区切りをつけ、就職して新しい道を進みたい本当

山木梨沙さんは慶応義塾大学に一般入学しているので、このままアイドル活動を続けるより、就職というのは納得の選択で、アナウンサーという選択もありそう。

小関は大学の進学を目指しつつ、個人での芸能活動にチャレンジしたい本当

小関舞さんは高校3年で大受験シーズンなので、アイドル活動に見切りをつけて大学に入ってからアップフロントグループ内で芸能活動を続行。

船木はハロー!プロジェクトから離れたところに自分の身を置き、ダンスを中心に学びながら自分の力を試したい嘘?

船木結さんは将来のハロプロリーダーを目指していると公言していたので、長くハロプロで活躍するつもりだったでしょう。

ここでハロプロから卒業したのは他の理由があるのではないでしょうか。

森戸は引き続きモーニング娘。のメンバーとして活動していきます。→本当

モーニング娘’19で人気がありますし、既定路線。

カントリー・ガールズとしての今後ですが、メンバーを一新し再始動することを考えています。本当

現在のハロプロが抱えている問題は、集めた研修生をデビューさせたいものの、つんく♂氏という年間100曲つくる天才が去り楽曲提供が間に合いません。

スタッフの人的リソースがなく、他のグループに入れられる空きもないという状況で、稼働が少なく学業優先のメンバーが多いカントリーガールズをリストラ。

一方で新グループではなくカントリーガールズを再結成することで、新たな楽曲を作ることなくライブツアーを開催できて、現カントリーガールズファンも取り込みやすいというメリットがあります。

船木結はなぜ、アンジュルムまで卒業するのかという謎。

17歳で、人気も実力もある船木結さんはハロプロの次世代エース候補だったはず。

カントリーガールズが活動休止になってもアンジュルムを辞める理由にはなりません。

17~18歳は高校3年生で人生について考え直すタイミングですので、事務所発表のダンスなどの幅を広げるための芸能活動休止という理由もまったくの嘘という訳ではないのかもしれません。

確かにダンス、歌、演技力、トーク力も持ち合わせていますし、ルックスも良いので他の芸能関係の職業でもいまから本気で取り組めば成功できるだけの才能はあります。

ただし、その道に進む強い決意は船木結さんからの発表からは、感じられません。

自分の関心があることを通して
想像しているよりももっと広い世界を見たい
という気持ちが浮かび上がりました。
その為にハロー!プロジェクトという環境から離れ芸能界からも一旦区切りを付けます。
表現することという大きな枠の中で活動中に
最も気持ちが左右されたダンスを
現時点では選びいつかそれを自分の強みとして
活かせる職業に就くことを最終的な目標にしています。

ふわっとした将来目標で、「ハロー!プロジェクトという環境から離れ」「芸能界からも一旦区切りを付けます。」という言葉からも

どこかハロプロに帰ってくる道も残しているようにも感じます。

本当にアイドルを辞める気なら、離れるではなく辞めると書くでしょうし、一旦ということばも出てきません。

ここからは、推測ですが事務所がカントリーガールズのメンバーを一新して研修生を入れるだけなら弱すぎるので、船木結さんにプレイングマネージャーのポストが用意されていると予想。

2017年に嗣永桃子さんがプレイングマネージャーとして入って結成されたカントリーガールズからの物語性も引き継げますし、人気メンバー船木結さんが居ることで、もっとも難しいグループ立ち上げ時の注目度や売り上げはある程度計算できます。

お手本にもなるでしょう。

また、船木結さんを中心にカントリーガールズを再結成するとハロプロ研修生の昇格枠が6人組なら5人分増えるうえにアンジュルムにも1枠余裕が生まれるので、研修生余りの問題は解消。

事務所にとってはかなり助かります。

船木結さんにとっても、高校を卒業してから後輩の学生メンバーと同じグループになると時間的に余裕があるので、アイドル後の進路につながる仕事やレッスンを人気グループで忙しいアンジュルムにいるよりも同時に行いやすいです。

アンジュルムでの船木結さんは、カントリーガールズから入ってきたという印象が強く、最初からアンジュルムだった室田瑞希さん、佐々木莉佳子さん、上国料萌衣さん、笠原桃菜さんが今後中心となっていく流れで、どこか黒子役となってしまっていました。

このままアンジュルムにいるよりも、カントリーガールズのプレイングマネージャーの方が真価を発揮できると考えても不思議ではありません。

ダンスを学びたいという理由はアンジュルムを辞めても整合性が取れて、違う形で戻ってくることもできる卒業理由と取ることもできます。

ネットの声

山木嬢は年齢的にも覚悟はあったけど、船木はまだ若いしアンジュ一本になったとしても頑張ってくれると思ってた。小関に関しては事務所は何もしてくれないしハローにいてもしょうがないって見切りつけるのは仕方なかったよな。もっと色んな活動したかったよな。ちぃちゃんは今後もモー娘。で頑張ってね

ハローの申し子と自ら名乗っていたふなっきがそこから身を引くとか異常事態でしよ。

嗣永桃子がハロプロでの最後の仕事として、メンバーを鍛え育てたカントリー・ガールズが、こんな腑に落ちない終幕を迎えるとはね、それなら嗣永桃子の卒業と同時にカントリー・ガールズも解散させてくれた方がまだ潔く諦める事が出来たんじゃないだろうかと今更ながら思う…

 

-アイドル
-, ,

Copyright© ネタネタキャッチ★ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.