お笑い

チュートリアル徳井が申告漏れ。脱税スレスレの所得隠しの温床とは?でも撲滅は無理

投稿日:

お笑いコンビチュートリアルの徳井義実さんが1億円を超える所得隠しで修正申告をしていたことが明らかになりました。

そこで、このような脱税スレスレの行為はなぜ起きるのかをまとめてみました。

所得税と法人税の格差

所得税は最高で50%ですが、法人税は20%です。

個人にかかる所得税は、所得が増えるほど税率が上がる累進課税方式がとられている 一方、法人の所得にかかる税率、つまり法人税率は比例課税方式がとられており、23.2%と一律の税率。

そのため、芸能人のような個人事業主は、マネジメント会社から受け取った給料をそのまま収入とせずに、ペーパーカンパニーと呼ばれる実体のない会社を作り、会社の売り上げとすることで、所得税と法人税の差を利用した節税が横行するわけですね。

しかしながら、本来は会社の売り上げとして20%の法人税を払った後で社長としての報酬として残ったお金を自分のものにするときに所得税が発生しますから2重課税となるわけです。

普通に合法的に納税するのであれば、間に会社なんかを入れても損をするだけですが、例外もあります。

それは、所得が高額で、金遣いが荒いor経費が大きい人。

所得が高ければ高いほど累進課税で所得税は高くなりますので、法人税との差が大きくなるので法人化して経費として控除する方が得となります。

大物芸能人がやたらと自宅をテレビで公開したがるのが家にあるものを経費として計上しやすくするためだったりします。

徳井義実さんの場合、報道では年収2000万円~3000万円とされていて、所得税は25%~30%であり、法人税と大きく変わりませんから、法人化して節税できるほどの金額ではないといえるでしょう。

法人税で25%とられてから個人の所得に置き換えるときにさらに20%取られるのであれば合計で40%近くとなり、明らかに損となります。

つまり、徳井義実さんは2009年にチューリップという会社を作っていますが、先輩の大御所から節税対策を学んでやってみて、衣装や個人旅行代を経費として計上したと報じられて、悪質とされています。

しかし、実際にはトータルでは、本来の所得税よりも多く払う羽目になった可能性が高いです。

その後、2016年、2017年、2018年は3年間個人の所得を無申告としています。

これに対しては、「理解できない」「ずぼらすぎる」などとの批判的な声があふれていますが、無申告という暴挙に至った理由はティルトです。

例えば競馬の1レース目で大きく負けた場合、人間の心理として取り返すために2レース目に大穴を狙いに行きたくなります。

しかし、1レースで負けたからといって2レースで勝つ可能性が上がるわけではありません。

このような、ギャンブルで感情的になって自分を見失うことをティルトと呼びます。

2014年に節税対策をしたことで、逆に税金を多く支払ったことで、徳井義実さんは我を忘れて、失った分のお金を取り返すための無謀な賭けに出たため無申告だったと推察できます。

自分で作った架空の会社に積みあがった利益を自分の所得に変換した瞬間に所得税が発生するので大損は確定し、損をすることから目をそらしたくないからこそ高い買い物をして経費として計上するということを3年間繰り返したのでしょう、

結果的には大損失です。節税なんて考えなきゃよかったのにという感じですね。

徳井義実さんが陥った状態はギャンブル依存症に近いもので、さらに損失が今回の事件で大きくなったので精神的なケアも必要かもしれません。

お金は人を破壊するんので、億万長者以外は普通に税金を払っておくのが身のためですね。

法人税を上げると良いのか?

所得税と法人税に差があると、法人税を上げればよいという話が必ず出てきます。

しかし、法人税を上げると、企業は海外に逃げ出し、タックスヘイブンと呼ばれるような租税回避の国に本社機能を形だけ作って税逃れをしたり、内部留保として利益換算せずに、社内で貯めてしまうことで税逃れするという事が横行するので、法人税を上げると税収が増えるとも限りません。

法人税を上げると企業が税逃れをして、所得税を上げると個人事業主が税逃れします。

税逃れの手段が海外に送金が可能になったり、仮想通貨ができたりと複雑化しているので、確実に税収を取るためにはサラリーマンからの所得税と消費税を上げざるを得ないわけですね。

また、一つの国に180日以上滞在した国に納税しなければいけないという国際規約があるので、どこの国にも180日以上滞在しないことで所得税を0にするという永遠の旅人という税逃れ手段もあります。

対して海外で売れているわけでもないのに、海外に拠点を持とうとするアーティストは、この税逃れが目的である可能性がありますが、現在の税制では信じられないことに合法なんですよね。

ネットの声

1億の脱税で話題のチュートリアル徳井義実さん(44)、5年前のラジオ番組で「ドバイなら所得税、法人税、消費税、何にもいらない」とタックスヘイブンの魅力を語っていたことが判明。
昨日の釈明会見では「税金に関して無知だった」って言ってたけど、鬼詳しいじゃんね。こりゃ突っ込み待ったなしだな笑

チュートリアル・徳井義実の脱税。所得ゼロで保険に入っていたとしたら、詐欺罪に当たる可能性もある。警視庁か検察はきちんと捜査して欲しい。
どうでもいいけど、こんな奴、テレビに出すな。検察は逮捕しろ。

-お笑い
-, ,

Copyright© ネタネタキャッチ★ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.