話題のニュース

香港デモで初の死者。終わりが見えないデモと香港の今後は

投稿日:

香港で3~4日に起こった抗議活動の際に負傷したとみられていた学生が8日、死亡。

これにより市民の警察への反発が一段と強まる可能性が高まっています。

一部の学生は死亡した学生が通っていた科技大キャンパス内の食堂やカフェ、学長の宿舎を破壊し、警察を非難するよう求めた。8日夜には追悼集会が開かれ、多くの学生がろうそくに火をともして参加しました。

死亡の原因は催涙ガス

死亡した男子大学生は立体駐車場の上層階から転落。

当時、現場周辺では警察が催涙弾を使ってデモ隊の強制排除を進めており、催涙ガスを避けようとして転落したと報じられています。

このように聞くと、不運な事故という印象ですが、中国の催涙ガスは、アメリカやフランスなどでデモが起こった際に使う一時的に目が痛くなる程度で安全なものとは別物で、まともに浴びると失明するリスクもある危険なものです。

昨年と比べて催涙ガスの使用量は10倍以上となっているため、催涙ガスを使った死亡事故は起こるべくして起きたといえるでしょう。

香港政府は8日、弔意を示し「警察が包括的な捜査をしている」とする声明を出した。中国外務省の耿爽副報道局長は記者会見で「秩序を回復するのが香港の差し迫った課題だ」とコメントしています。

つまり、悪いのは暴徒化している香港の若者であって、秩序を回復するためには手段を選ばないということですね。

覆面を先月香港政府は禁止する法案を作っていますが、もう何でもありという状況で、こんな法律を通す国がデモによって変わるわけがありません。

最近のデモは一部の若者が中国国営の新華社のビルを破壊するなど過激になり、警察との対立が先鋭化していて、デモから革命運動に変化してきています。

デモというのは民主主義国で行うもので、例えばフランスでガソリン税の値上げに反発した黄色いベスト運動は成功してマクロン大統領は政策の変更を余儀なくされました。

しかし、中国は民主主義国ではないので、香港でデモが起きたところで知ったこっちゃない話です。

ただ国際世論の目もあるので、警察によってなるべく静かに鎮圧したいと思っているだけで、もしデモによって政策を変更するという姿勢を示したら中国本土に波及します。ありえません。

香港市民の不満は民主主義の香港政府ではなく、1国2制度の名の下に香港を事実上取り込んでいる中国に対してのもので香港政府は妥協しても中国共産党は絶対にデモに屈しません。

警察頼みのデモの抑えこみがうまくいくかは不透明でいずれ、人民解放軍の出番が来るかもしれません。

最終的に革命が成功するとは思えないですし、デモの要求も通らないので、香港が中国の一部になることを香港市民が受け入れるか、ウイグルやチベットのように反発を抑えるために弾圧するかのどちらかしかないでしょう。

ただし、個人や企業には逃げるという選択肢があります。

台湾に逃げる香港の人たち

台湾は、輸出総額は5860億ドルに達するが、第三・四半期までの輸出伸び率は57%となった。
台湾のGDPは世界のトップ20に入っており、ベルギー、スウエーデンとならぶ輸出大国です。

最も米中貿易戦争と香港デモによって恩恵を受けた国といえるでしょう。

アメリカから格安で航空機を購入して武装を進めていて、おそらく中国は島国である台湾を取り込むことは難しい。

これまで、中国が政治的に懐柔してきた台湾ですが、アメリカが露骨に助け舟を出したことと香港デモを見て、台湾の中国離れは進んでいます。

そして、香港からの移住者は香港大乱以来、6月から9月までに867名。十月にはもっと急増していて後を絶ちません。

今後は中国に愛想を尽かせた香港の若者は社会を変えることを諦めて住む場所を変える選択を取るでしょう。

今後の香港は経済的には外資が撤退して、若者は国を捨て、デモをやっても何も現状は変わらないという苦しい状況となります。

だからといって中国共産党の統治下に入ると何をされるか分かったものではない。

日本も人手不足で困っているので、香港からの移民の受け入れを検討しても良いとは思いますが、日本政府は中国共産党と対立したがらない弱腰で来年には国賓として習近平国家主席を招くそうですから、何も関与しようとはしていませんが・・・。

ネットの声

日米同盟によって日本の安全が保証されている。
これがなくなれば、日本はどうなるのか。
水と平和はタダだと思う日本人が多い。
中国は、日本の水と平和を虎視眈々と狙っている。
中国元首を国賓で迎えることは、日米同盟にマイナスにならないか。

救急車が来た時の彼らの、この早い対応!
彼らの敵は市民に暴力を振るう香港警察と、刃物を振り回す親中派ヤクザのみ。
暴徒と呼ぶべき相手は彼らではなく、無差別に暴力を振るう警察やヤクザだ。

日本政府は中国共産党に対する忖度外交は、最終的に被害を広げるのは中国人でも香港人でもない、日本人ですよ。またスパイか覚醒剤搬送か適当な理由で乱逮捕される、どうされでも日本政府は怒らないです。

 

 

-話題のニュース
-, ,

Copyright© ネタネタキャッチ★ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.