お笑い

マネージャーがサンドウィッチマンの解散危機を語る!好感度№1の漫才コンビニ何があった!?

投稿日:

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

“好感度No.1漫才コンビ”として2019年も大活躍だったサンドウィッチマン。

それでも他の漫才コンビと同じように長い下積み時代がありました。

そんなサンドウィッチマンも2007年の『M-1グランプリ』優勝をきっかけに大ブレイク。

現在、18本ものレギュラー番組を抱えるほどの当代随一の漫才コンビとなったのです。


そんなサンドウィッチマンを陰ながら支えてきたのがマネージャーの林 信亨さん。

サンドウィッチマンとのつきあい

林さんは語ります。

デビュー当時から知っています。僕は23歳で東京に出てきて、10年ほど芸人をやっていました。最初の相方はじゅんいちダビッドソンで、サンドウィッチマン(以下、サンド)と同じステージにも出ていました。僕が芸人を辞めて仕事で名古屋に転勤になった時には、高速バス乗り場までサンドの2人が見送りに来てくれました。それくらい仲も良くて、付き合いで言うと約20年になります。

林さんを見送った半年後に『M-1』で優勝しました。

それから忙しくなったサンドウィッチマンの事務所から「一緒にやりませんか」と林さんに声がかかります。

林さんもいきなりの声掛けに、

「未練や嫉妬の気持ちを持ってしまうのでは…」

と思ったそうです。

しかし、

「このまま彼らを一過性のタレントにはしたくない」

そんな気持ちの方が強くマネージャーの話を快諾。

「昔から2人の人間性が大好きで、“彼らの為なら親身になれる”と思ったんですよね。」

実際にマネージャーをやってみると、

「心配していた葛藤は全然なくて、純粋に2人の成長がうれしかったですね。憧れていた笑いの天才たちに2人が織り込まれていって、僕が切り開けなかったただただすごい世界を見させてもらって感謝しています。」

サンドウィッチマン解散の危機

一度もケンカをしたことがなく、コンビ仲の良さでも知られているサンドウィッチマン。

これまでに一度だけ解散の危機があったということです。

2人が29歳の年、富澤は会社を辞めさせてまで伊達を芸人の道に誘った自分を強く責めたのです。

そして、解散の話を持ち掛けたというのです。

しかし伊達は

「まだ解散するまでの挑戦を俺たちはしていないんじゃないか」

と自ら引き留め、解散は免れたのです。

そして翌年2005年を勝負の年と決め、この年テレビでネタができなかったら解散することを決意します。

すると、念願の『エンタの神様』(日本テレビ系)初出演、2年後にはM-1優勝。

その日だけで約20本ものテレビ出演が決まります。

ターニングポイントはエンタ

勝負の年にブレイクしたのはドラマチックでした。


しかし、林さんはこう語ります。

「彼らのブレイクのきっかけは、もちろん『M-1』も大きかったですが、僕はやはりこの時の『エンタの神様』がターニングポイントだったと思います。伊達が最近言うのは「面白かったのに売れなかったのは僕のせいだ」と。2人は昔から面白かったんですが、ツッコミの技術が追いついていなかったんです。『エンタ』に初めて出演してから、ネタの作り方ががらっと変わりました。無駄なセリフが一切なく、途中から見ても面白い。テレビに適したネタに変わったんですよね。『M-1』で優勝できたのも『エンタ』での経験がかなり大きかったと思います。」

スケジュールが忙しくなればなるほど、家族よりも長い時間を共に過ごすマネージャーの林さん。

「2人のためなら頑張れる。2人のために頑張りたい」

林さんの言葉から、伊達、富澤への愛情がひしひしと伝わってきます。

ネットの反応

「以前、子供病院関連施設でボランティアをしていた時、入院している子供達や御家族に楽しんでもらう為に行事に芸能関係の方々をお呼びする事も度々有りました。しかし芸能事務所と金銭的な事で折り合わなかったり、地味な活動なので理解が得られない事も多々あります。サンドが活躍し始めた頃でしたが、お願いしたら事務所もサンドの方々も気持ちよくすぐに引き受けて下さいました。今活躍中のサンドを見るとあの時皆で感謝した事を思い出します。」

「テレビ出演が増えた芸人はネタをあまり披露しなくなるが、サンドは売れてからも、ほぼ毎週営業で漫才をしていてライブを続けている。だからこそ面白いし、応援したくなる。」

「少し前から芸能事務所には学校や養成所等の育成システムがあり、そこからお笑い芸人が言わば生産されて世に出るのが普通になった時代。だが二人は弱小の個人事務所からの叩き上げ。笑いの腕と人柄でのし上ったってのが凄いし何だか嬉しいね。いわゆる忖度が存在しなかった本物って事だろう。普通はやはり育成システムに入って乗っていきたいってのが心情だし、その辺からも業界で認められているところかもね。」

2019年はタレントと所属事務所の問題が次々と話題となりました。

コンビの活躍の陰にはマネージャーの存在がありました。

その大切さを一番感じているのは、サンドウィッチマンの2人かもしれません。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

-お笑い
-, ,

Copyright© ネタネタキャッチ★ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.