スポーツ

サッカー日本代表人気は低下。Jリーグ人気が上昇する理由。

投稿日:

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

2019シーズン、Jリーグ年間総入場者数が史上初1100万人を超えた。さらにJ1の平均入場者数は初の2万人の大台を突破。

過去最多動員記録を大幅に塗り替えています。

前年比108%、約81万人増加した理由とは何なのか?

一方で森保JAPANは公式戦での勝率は過去の代表監督の中でも最高クラスですが、視聴率は低下しており代表人気の低下が懸念されています。

Jリーグ人気が上昇中の理由とは?

2019年、Jリーグの年間総入場者数は1140万1649人を記録。

Jリーグが公表した『J.LEAGUE PUB REPORT 2019』によれば、2019年の観客動員は80万5907人も増加した。その内訳はJ1が51万6143人増、J2が5万8818人増、J3が5万5375人増、リーグカップ等が17万5571人増。

2019年はラグビーワールドカップ2019日本大会の影響で、ホームスタジアムが使えず、本来の収容数で開催できない試合が10試合あった。それにより観客は約13万人減ったと『PUB REPORT』では試算されている。差し引けば、2019年は外部要因で12万人ほどの入場者増があったと推測できるので、本来であれば100万人近い動員増だったと考えられます。

Jリーグ人気の上昇の理由は3つが考えられます。

一つ目はヴィッセル神戸のイニエスタ選手に代表される海外有名選手の獲得です。

ヴィッセル神戸はほとんどのホーム試合でチケットが完売しており、アウェイでの動員にも恩恵をもたらしています。

イニエスタ加入前の2017年に1万8272人だったヴィッセル神戸の平均入場者数は、2019年に2万1491人を数え、年間で約5万5000人も増加。

より大きな恩恵を受けたのはアウェークラブ。神戸戦では大半のクラブが普段以上の入場者数を記録。スタジアムの収容力にもよるが、2019年の神戸のアウェーマッチは平均入場者数より48%も多く、約17万人も観客が増えた。J1で観客動員が増えた主な要因は、やはりイニエスタやヴィッセル神戸のおかげといえそうです。

2つ目の理由はDAZNです。

ネットで安い料金でJリーグを視聴できるシステムとなったことだけではなく、海外サッカーファンや、バスケットボールファン、プロ野球ファンなどJリーグ以外を目的にDAZNに加入した人がJリーグに接する機会が増えています。

とくに顕著なのが海外サッカーファンのJリーグ回帰の流れです。

これまでスカパーでは海外サッカーとJリーグはセットが分かれていたので海外サッカーファンがJリーグを見る機会が少なかったですが、目の肥えた海外サッカーファンがイニエスタ選手のJリーグ加入などを契機にJリーグを視聴してJリーグファンになる例が増えています。

Jリーグより海外サッカーのビッグクラブの方がレベルが高いのはいうまでもないですが、試合の面白さにはあまりJリーグとの差はありません。

また、地元のチームや選手の母校が同じだったりとやはり自国のリーグを見る面白さは海外サッカーにはないものがあり、サッカーファンの間に垣根が無くなってきています。

3つ目の理由はサッカーを見る目が肥えてきたことです。

ヨーロッパのサッカーファンは基本的に地元のクラブを応援します。

その理由はサッカーの目が肥えてくるとどんな試合を見ても面白さを見出すことができるようになるからです。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

スター選手がいなくても得点が入らなくてもレベルが低くても面白さを見つけることができるなら、愛着を持つのは地元のクラブとなります。

日本の野球ファンも甲子園で盛り上がるのは、同じ理由でしょう。

Jリーグの人気がじわじわと上昇してきたのは、サッカーを見る目が全体的に肥えてきたからといえるでしょう。

日本代表の人気は低下

これまでサッカー人気を牽引してきた日本代表ですが、視聴率は低下して低調気味です。

これは、Jリーグの人気向上と表裏一体の現象。

日本代表は、基本的に4年間、練習をしているようなもので、本当の意味でガチの試合はワールドカップ最終予選とワールドカップ本番だけです。

オリンピックに関しては、育成年代の大会ですし、2022年のカタールワールドカップの次からの大会では出場国が32から48に増加して、アジア枠は4,5から8になりますから、ワールドカップ予選も練習試合になります。

毎週、ガチの試合のために1年間チームを作り続けているクラブチームと比較すると面白みが欠けるのは仕方がないともいえるでしょう。

ヨーロッパの強豪国も実は、代表の試合はワールドカップ以外は人気が無く観客席がガラガラのケースも珍しくありません。

ヨーロッパではリーグ戦>代表という構図がはっきりしているので、日本もサッカーに関しては強豪の環境に近づいてきたといえるでしょう。

ネットの声

Jリーグが好きです、好きなチームは特につくらず、まんべんなく応援してます!新潟と浦和だけちょっと贔屓目です!代表だけ好きな人はごめんなさい、仲良くなれません

サッカー日本代表、森保監督や田嶋がクビになっても人気回復は厳しいやろうな。W杯進出が夢だった時代、自国開催に燃えた時代と同じ熱量を保てるわけない。アジア枠が増えてW杯出場が常連のようになり、ベスト16とGL敗退を行ったり来たりになった今、次の代表のストーリーを提示困難になってると思うし

 

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

-スポーツ
-, ,

Copyright© ネタネタキャッチ★ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.