俳優

新国立競技場のオリンピック後の活用方法は?

投稿日:

2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場が11月30日完成。

新国立劇場完成に伴って開催されたイベントは超満員となりサッカーの天皇杯とラグビー大学選手権決勝も満員となっています。

ただし、オリンピック後の課題は山積みです。

大会の警備上の都合で詳細な図面を開示できず、民間事業者側から採算性など判断できないと意見が出たためとした。これは表向きな理由に過ぎず、政府関係者は「今のままでは手を挙げるところがない」と明かします。

2000億円の費用がかかるとして見送られたザハ案は屋根、冷暖房、可動席付きで陸上競技場だけではなくコンサート、サッカー、ラグビーにも最適化できる仕様でした。

ザハ案を撤回したことで、開閉式屋根はつかず、冷房もなし、席も大会後にトラック部分に席を2万席ほど固定するかどうかでサッカー、ラグビー界と陸上界で揉めていますし、オリンピックを開催するのは問題ないですが、オリンピック後を考えると中途半端な仕様となってしまいました。

そこで、注目されているのが指定管理者制度です。

所有権は国が持って、運営は民間に任せるというもの。

指定管理者制度で新国立競技場の運営は上手くいくのか考えてみました。

サッカー界とラグビー界の動きも鈍い

ラグビーは2020年にプロリーグ化を目指していますが、観客動員数は平均で1万人を目標にしていて、新国立競技場は大きすぎるえにすぐ隣にラグビー専用の秩父宮ラグビー場が改修されているので新国立競技場をつかう動機は乏しく、ラグビー日本代表が年に1回試合をするかどうか程度でしょう。

となるとこけら落としでサッカー天皇杯が予定されているサッカーがやはり使用者としてはメインとなりますが、サッカー界がいまいち重い腰を上げません。

理由は、もともとの計画で陸上トラックをオリンピック後に埋めて8万席とするプランだったのが、陸上界の要望によってトラックを残すことが検討されているからです。

陸上トラックを残したままなら収容人数は6万人程度であって、サッカー専用スタジアムのさいたまスタジアムと大差なく、当然専用スタジアムが見やすい。

同じ陸上競技場なら横浜国際競技場(日産スタジアム)が収容人数8万人なので、キャパでも負けてしまいます。

というわけで日本代表の試合を開催する理由が乏しいスタジアムにこのままいくとなってしまいます。

Jリーグも大手IT企業が鹿島アントラーズを100億円で買収して新国立競技場をホームスタジアムにする計画があったものの鹿島アントラーズ側が拒否してとん挫しました。

FC東京は渋谷のサッカー専用スタジアム計画に乗り気ですし、新国立競技場にはあまり興味がなさそうですね。

というわけで屋根をつけても、陸上トラックを席で埋めても積極的に使用したい人は少ない新国立競技場のオリンピック後はかなり寂しいものとなりそうです。

このような理由でサッカー界中心でもラグビー界中心でも音楽界中心でも新国立競技場を有効活用するのは難しいので、どの業界との折り合いがつく会社が指定管理者になって関わって、使い回すのが理想でしょう。

候補となるのは、Jリーグ、サッカー日本代表、ラグビー日本代表、音楽会とかかわりが深い電通です。

電通は昨年に利益が半減していて、既存の芸能界・テレビ広告料では立ちいかなくなるのが明白なので、代理店としての営業ノウハウを新国立競技場の運営に活かすことが出来ると、新国立競技場の運営と電通の復活が上手くいく可能性があります。

[media-groove]

ネットの声

新しくできたから何か騒いでるけど、新国立競技場って1番初めのザハハディド氏の案から言ったら普通の競技場に落ち着いたね
結局かなり予算もかかったし、まだ屋根とか直すならかかるし
結局お金かけて作るなら今までにない感じのスタジアムにした方が良かったんじゃないかなと思う

 

 

-俳優

Copyright© ネタネタキャッチ★ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.