話題のニュース

中江滋樹…兜町の風雲児が焼死…

投稿日:

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

かつて「兜町の風雲児」と呼ばれ、昭和のバブル前夜を駆け抜けた中江滋樹氏(66)。

2020年2月20日、東京都葛飾区の自宅アパートの火災で、焼け跡から変わり果てた姿で見つかりました。

華々しい人脈

希代の相場師としてマネーゲームで隆盛を誇りました。

投資家から多額の金銭をだまし取った「投資ジャーナル事件」の首謀者として警視庁に逮捕されたことでも知られています。


しかし、近年は経済的に困窮、体調にも不安を抱えていたということです。

関係者らによると、中江氏は昭和29年1月、滋賀県で生まれました。

高校卒業後に名古屋市内で株式情報のリポート販売のアルバイトに就いたことで、投資の世界に入ったということです。

その後、京都市で投資コンサルタント業を開業。

会社規模を拡大し53年、東京・兜町に「投資ジャーナル」を立ち上げました。

2割のもうけを10回続ければ元手が2倍になるという「ツーバイツー理論」を掲げ、会員と巨額のカネを集めたのです。

逮捕…死亡説も

危うさと隣り合わせの過激な手法は裏目に出ました。

「株を買う資金を担保の10倍まで融資する」とうたって全国の投資家から約584億円を集めるも、資金を返しきれず、60年に警視庁に詐欺容疑で逮捕されるのです。

平成元年に詐欺罪で懲役6年の実刑判決を受け、4年に仮出所した後は麻布十番に事務所を構えて仕手戦に舞い戻ったのですが、かつての勢いは失われていったのです。

暴力団から得た数十億円の出資金を返せなくなったのを機に、表舞台から姿を消します。

体調不良が続き

アパートの関係者によると、中江氏が入居したのは24年。投資ジャーナル時代の同僚が「空き部屋はあるか」と大家に相談したそうです。

大家は「絶対に迷惑はかけさせない。家賃も払わせる」と約束したため入居を了承。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト


家賃は月4万8000円だったということです。

入居の日、タクシーで到着した中江氏。持ち物は衣服だけ。

同僚らがじゅうたんやトースターなど、生活に必要なものを提供すると、中江氏は「ありがとうございます」と頭を下げていたそうです。

ネットの反応

「普通に考えても単なる火災じゃないよね?現状がどうであれ、絶対に許さないと思ってる人は多い。」

「中江氏も永野氏も最期は悲惨な死を迎えている。その点は両者共通していると思う。特に同情する余地なし。」

「まぁ普通の公務員の数百倍楽しんだのだから最後はどうあれ勝ち組だよな。」

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

-話題のニュース
-, ,

Copyright© ネタネタキャッチ★ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.