スポーツ

原監督の名采配?「投手増田」にバッシングはあるけど…

投稿日:

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

「投手増田」で猛バッシング!原監督と大物OBの修復不可能な“遺恨”とは?

「セットポジションの投球では、きちんと静止していなかったので、いつボークを取られるんじゃないかとヒヤヒヤしましたが、結果的には打者3人に投げて1四球に抑えたのだからアッパレな投球内容だったのではないでしょうか」

無失点で切り抜けたけど…

球界関係者が振り返るのは、8月6日の阪神戦で急きょマウンドに立った野手・増田大輝の投球内容。

この日は4点ビハインドの8回に登板した中継ぎの堀岡隼人投手が大乱調。

満塁ホームランを含む7失点と、1アウトしか取れずに降板したのだです。

そこで原監督が告げたのは「投手・増田」。

球場に詰めかけた両チームのファンの驚きの声があがるなか、増田はストレートとスライダーを武器に、みごと無失点で切り抜けたのでした。

「この日の試合は地上波でオンエアされていましたが、多くのファンは11点という大差にチャンネルを変えていたかもしれません。放送が打ち切られる前に見せ場を作ったのは、“原マジック”としか言いようがない。この珍事をきっかけに『DAZN』や『G+』といった有料配信への取り込みも期待できますからね」(日本テレビ関係者)

猛バッシングは巨人OBから

原監督の采配には、連戦で消耗が危惧される救援陣を少しでも休ませたいとの配慮が感じ取れます。

この思い切った起用に「俺はテレビを消した」と憤慨したのが巨人OBで監督経験もある堀内恒夫氏。

堀内氏は自身のブログにこうつづっています。

「増田大輝がマウンドに立った。これはやっちゃいけない。巨人軍はそんなチームじゃない。しかも今、首位に立ってるじゃないか。強いチームがそんなことやっちゃダメよ」

けっして最後まで試合を諦めてはいけない。

そんな信条ゆえの苦言なのでしょう。

さらに「こんなこと絶対やっちゃいけないよ。俺はそう思う」と原采配にダメ出しをしたのです。

さらに原監督のもとでヘッドコーチを務めた伊原春樹氏も…。

「考えられない。私がベンチにいたら、原監督とケンカをしてでも絶対にやらせなかった」

と厳しく糾弾するコメントがスポーツ紙に掲載されていました。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

上原浩治は擁護

「相次ぐ原バッシングに、元巨人の上原浩治はツイッターで『他球団ならオッケー?? そっちの方がおかしいと思いますが』と今回の采配を擁護していますが、じつは一部のOBと原監督との間には修復不可能な溝が生じているそうです。じつは巨人のOBはかつてなら東京ドーム内の施設に“顔パス”で入れたのですが、昨シーズンから原監督の強い要望でそれができなくなったんです。原監督としては選手には試合に集中させたいという気持ちもあり、OBとしてはかわいい後輩にいろいろアドバイスを送りたい。両者の意見の対立が大きな“遺恨”を生んでしまったようです。なかには『原が監督でいるなら応援しない』と激怒しているOBもいるとか。もちろん堀内さんにしても伊原さんにしてもそんなことで怒る人ではありませんが、“原政権”のOBに対する冷遇措置は耳に入っていたのかもしれませんね」(前出・球界関係者)

とはいえ、ファンやOBを巻き込んで大論争に勃発した今回の増田の投手起用。

賛否はありましたが、声を大にして意見を述べるのは、強いジャイアンツ愛の証なのでしょう。

ネットの声

「なぜ批判するのかわからない。残りは、1イニング11点差で、ランナーもなし。メジャーでも当たり前の上、コロナ感染のリスクを考え、ピッチャーの温存。このような選手起用は、当然じゃないの。批判する人の頭硬すぎ。メジャーは、投手分業制、オープナー、野手の投手起用、2番打者最強次々生み出している。」

「あの場面で巨人ベンチに残っていた勝ちパターンの投手陣を登板させずに済み、結果的にも四球1つ出しただけで無失点で切り抜けた。もし増田が何点も失点していたらもっと批判があっただろうけど、大敗の中にもプロ野球・巨人の話題性も出たし、阪神ファンながら面白かったけどね。むしろ無失点に終わった阪神打線に批判があまり見られないことがちょっとねー…笑」

「確かに敗戦処理で野手をマウンドにあげるのは賛否両論があるのは間違いない。今シーズンは元々オリンピックでイレギュラーになる予定だったが、コロナの影響でより一層イレギュラーなシーズンになっているから尚更だ。言い出したらキリがない。ちなみに私はペナントはまだ3分の2残っていると考えたら、あの回であの点差なら勝ちパを温存して控え野手をマウンドにあげるのはアリだと思います。元投手とはいえ、ブランクがある中緊急登板した増田も素晴らしかったです!」

昔の巨人はどのような試合であっても、ファンのために最後まであきらめずに勝利を目指すというのが球団方針だったように思います。

それも時代が変わったということですね。

賛否が分かれましたが、今年のペナントレースはイレギュラーの連続です。

連戦が続きますし、勝負もついたということでこういうことは今後もあるでしょう。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

-スポーツ
-, ,

Copyright© ネタネタキャッチ★ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.