話題のニュース

安倍政権は中国にすり寄ったためアメリカに潰された?

投稿日:

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

ワシントンのシンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)が安倍首相を媚中へと向かわせている政界の周辺人物を大胆に名指し批判した報告書を発表した。

バレていた安倍政権の米中バランス外交

ワシントンのシンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS=The Center for Strategic and International Studies」は「日本における中国の影響力と題する調査報告書を7月23日に発表ししています。報告書はアメリカ国務省のグローバルエンゲージメントセンターの支援を得て作成されており、、CSISは「インテリジェンス」と呼ばれる諜報活動も含めた国家戦略の一役を担うシンクタンクで、CIAの別組織とも呼ばれます。

戦略国際問題研究所(CSIS)が作成した2012年の8月に第三次が公表されたアーミテージ・ナイ・レポートによる日本への11の提言によると

1原発再稼働、2.シーレーン保護、3、TPP参加、4、日米韓軍事的関与、5.インド、オーストラリア、フィリピン、台湾等との連携、6.日本の領域を超えた情報・監視・偵察活動、平時、緊張、危機、戦時の米軍と自衛隊の全面協力、七、日本単独で掃海艇をホルムズ海峡に派遣、米国との共同による南シナ海における監視活動、8、日米間の国家機密の保全、9.国連平和維持活動(PKO)の法的権限の範囲拡大、10集団的自衛権の行使、11.共同訓練、兵器の共同開発、12、防衛産業の技術輸出

と示されており、安倍政権は基本的にこの提言に従った政策をとってきたといえます。

戦略国際問題研究所(CSIS)は民間のシンクタンクという表向きの顔があるので、日本人を研究員として招き帰国させ、コントロール下に置くことが出来、小泉進次郎、竹中平蔵、渡部恒雄などが一時籍を置いていて、ジャパンハンドラーズと呼ばれることもあります。

その戦略国際問題研究所(CSIS)に従うことで長期政権を維持して強固な日米同盟を維持してきたと思われがちな安倍政権ですが、実際は裏で中国とつながっているのではないかというレポートになっており、日本における中国によるロビー活動、工作活動がアメリカの脅威となることを報告しており、安倍政権は中国の影響力を排除する努力を怠っているというわけです。

報告書の中では安倍政権の中枢を担う自民党の二階俊博幹事長や安倍政権の今井尚哉首相補佐官の実名を挙げて、日本の媚中政策を厳しく批判しています。

二階(Nikai)は自分の故郷にある動物園のためにパンダを5頭も中国から買ったことがある。2019年4月には、安倍首相の特使として習近平と会談し、アメリカにはアメリカの意見(考え方)があるにもかかわらず(=それを無視して)(regardless of the United States' opinion)、日本は「一帯一路」に協力すると提唱した。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

その後、二階派グループの中心人物である秋元司氏が中国のカジノグループ500ドットコムから違法な献金を受け取った容疑で検察から逮捕されましたが、アメリカ側からの密告があった可能性もあります。

安倍政権はトランプ大統領を令和初の国賓として日本に招き、アメリカ大統領選挙に勝って世界で初めて会った首脳であり、二人の関係が良好なのは間違いありません。

安倍首相はトランプ大統領とうまくやっていた一方で、中国とも握手しようとしていたことをアメリカ政府は見抜いており、民間のシンクタンクが事実上の政府発表として安倍首相にNOを突きつけたわけです。

新型コロナウイルス対策で不支持が広まったことと、病気が悪化していたことは理由の一つにすぎませんが、日本最長の長期政権もアメリカの意向一つで吹っ飛ぶのが、日本政治の置かれた現状であり、安倍首相は「戦後レジームからの脱却」は果たせなかったようです。

ネットの声

核心は安倍にたまりかねた検察若手の追求に安倍は米国に泣きつき、CSISのような米国の政治屋が仮病とか菅首相とか菅の公助なんたらの政策を仕立てたらしいね。CSISべったりの河野、茂木、竹中を見ていると興味深いでしょう。自民党も終わりだね

CSISは、集団的自衛権行使、秘密保護法制定、武器輸出三原則撤廃などを日本に要求する「アーミテージ・ナイ報告」を度々出してきた。安倍政権は「CSIS様の仰せの通りに」とばかり、忠実にそれを実行してきた。まるでCSISの下僕。
そのCSISにすり寄ってベラベラ喋る河野。ホントしょうもない奴だ。

不倫したい男女募集!【必読】不倫相手が見つかるサイト

-話題のニュース
-, ,

Copyright© ネタネタキャッチ★ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.